おたくま経済新聞

ネットでの話題を中心に、商品レビューや独自コラム、取材記事など幅広く配信中!

タグ:結婚式

  • 画像提供:ミハイル@シベリアンハスキーさん(@mikhail_day)
    シベリアンハスキーのミハイルくんの飼い主さんは、自身の結婚式でリングドッグを行うと、まさかの猛ダッシュに式場も大盛り上がり。当日はぶっつけ本番で行われたため、ミハイルくんがどんな行動をするのか読めず、「内心ビビってました」と振り返る飼い主さん。本番で飼い主さんのところへ全速力で駆け寄るミハイルくんの姿に、式場に来ていた人たちから「おぉ~!」という歓声が上がっていました。大役、本当にお疲れさま。
  • 結婚式で必ず新婦が左側なのはナゼ?意外としらない結婚式雑学3選
    日本では奈良時代、西洋では古代ローマの時代からあったと言われている結婚式。長い歴史を重ねるうち、変わった風習が生まれたり、興味深い由来の伝統が生まれたりしています。今回、結婚式に関する雑学の中から厳選し「新婦が新郎の左側にいるのは、新郎が右手で剣を持ち、左手で愛する新婦を守るため」、「花嫁衣裳の白無垢は生まれ変わりを意味する」、「バージンロードは和製英語」の3つを紹介。
  • 今だから話せる「本当にあった結婚式の珍事件」 まさかの当日牧師がこない!
    何年も結婚式業界にいると、冗談のような珍事件に出くわします。嘘だと思う人もいるかもしれませんが、今回紹介する話も正真正銘、本当にあった話です。今となっては笑える話ですが、その時の現場の緊張感といったらありません。なんと、挙式直前、外国人牧師と連絡がつかなくなってしまったのです。今だから話せるハラハラドキドキの結婚式の裏側をご覧ください。
  • プランナーも涙する本当にあったドラマのような結婚式
    ブライダル業界で千件以上の結婚式をみてきた筆者。その中で思い出深い結婚式を紹介している。始終腕を組みハッピーオーラ全開の1組の夫婦。結婚式ではドレスを持ち込みたいこと、バージンロードは知人に頼むことが希望だった。準備は順調にすすみ、当日結婚式当日。花嫁入場とともに、会場全体が涙に包まれたのでした。持ち込まれた衣装は亡き幼なじみが成人式で着る予定だった衣装。付きそう男性は幼なじみの父だったのです。
  • コロナ禍で結婚式に行きたくない人急増中!?あなたならどう断る?
    長年ウェディング業界に身を置いている筆者が、「結婚式の招待状が届いたけれど、コロナ禍だし行きたくないな……」そんな人へ向けて、失礼にならない上手な断り方を考えてみた。まずは行きたくない理由から考えてみようと提案。次に断り方として「職場で自粛要請が出ている」「他の予定と重なっている」など無難な断り方をいくつか挙げて、もし断るにしても早めに連絡するよう促している。
  • 結婚式にブーツはOK?NG? 意外と知らない結婚式のドレスコード<女性編>(絵・山口弘剛)
    結婚式のドレス、何着ていこう?髪型は?バッグや靴は?女性なら誰もが一度は悩んだ経験があるのでは?自分の好きな服装が良いけれど、ドレスコードを知らずにマナー違反になるのは避けたいところ。元ウェディングプランナーの立場から、おさえておきたい「結婚式のドレスコード」と、知っておきたい結婚式ならではの「験担ぎ」をまとめました。
  • 画像は山本美月さん公式Instagramのスクリーンショットです
    2020年8月に俳優の瀬戸康史さんと結婚した、女優の山本美月さんが10月20日、自身のInstagramで結婚式を行ったことを報告。美しいウェディングドレス姿を披露しました。
  • 画像提供:イナミさん(@AM2500)
    結婚式を挙げた方は、式場をどのような理由で選びましたでしょうか?「料理が美味しそう」「会場の雰囲気が良い」「料金が安い」など、いろいろあると思います。しかし、「アルパカが指輪を運んできてくれる」という理由で式場を決めたカップルは、もしかしたら少ないかもしれません。
  • 元ウエディングプランナーが告白 本当にあったトンデモトラブル3選(絵:山口弘剛)
    ウエディングプランナーはちょっとしたミスが大きなクレームに直結する仕事。今回は元ウエディングプランナーである筆者とブライダル業界で働く友人から聞いた話の中から「これは予測できなかった!」というクレームを紹介。「新郎を誘惑するのはヤメテと新婦が激怒」「名前が縁起悪いからとプランナー交代」「新郎の前歯を全部合成」という3つのクレームを紹介しています。
  •  2018年10月12日、イギリスのユージェニー・オブ・ヨーク王女とジャック・クリストファー・スタンプ・ブルックバンクさんの結婚式がウィンザー城のセントジョージズ・チャペルで行われ、近衛兵グレナディアー・ガーズが華燭の典に花を添えました。 (さらに&h…
  •  結婚式に出席した時の楽しみのひとつと言えば、引き出物。式を挙げたカップルの個性や式場の雰囲気なんかも出たりするものです。その引き出物が「どう見ても縄文式土器にしか見えない」と話題になっています。 (さらに…)…

編集部おすすめ

  1. 「ウクライナのレシピ帳」
    クックパッドが電子書籍「ウクライナのレシピ帳」を6月30日から販売しています。価格は税込550円。こ…
  2. 「Open/Closedが一瞬で入れ替わるからくり看板」の模造品が横行 制作者の池田さんが呼び掛け「決して購入しないで」
    SNSで話題になった「Open/Closedが一瞬で入れ替わるからくり看板」、正式名称「HAGURU…
  3. やよい軒の夏の定番 宮崎名物「冷汁」が2022年も発売
    「やよい軒」で、2009年に発売されて以来、夏の人気商品となっているのが宮崎県の郷土料理「冷汁」。2…
  4. 画像提供:あんこさん(@cat_anko3)
    アメリカンショートヘアのあんこくんは小さい頃によく「だるまさんが転んだ」で遊んでいたそう。Twitt…
  5. 画像提供:ととまるはんみさん(@totomaru_hanmi)
    元保護猫のはんみちゃんは、小さい頃から飼い主さんに撫でられるのが大好き。大好きすぎて、飼い主さんが撫…
  6. 画像は武井壮さん公式Instagramのスクリーンショットです
    タレントの武井壮さんが、「笑っていいとも!」の最終回の台本を「大切な芸能界の思い出」として、Inst…
  7. 最大7時間食べ放題 焼肉ライクが「メガホセット」発売
    好きなだけ一人焼肉が楽しめる「焼肉ライク」で、最大7時間食べ放題の「メガホセット」が税込2170円で…
  8. やる気がみなぎる? ちいかわが可愛い置時計になって登場
    「ちいかわ いっしょにがんばろ!ダンボールウォッチ」が、7月中旬からカプセルトイとブラインドBOXで…

提携メディア

ページ上部へ戻る