1965年にツタンカーメン王の黄金のマスクが来日してから約半世紀。日本では47年ぶりに「エジプト考古学博物館 所蔵 ツタンカーメン展 黄金の秘宝と少年王の真実」が開催される。2012年3月17日からの大阪天保山特設ギャラリーでの公開に先駆け制作発表が行われた。出席者はスペシャルサポーターのAKB48・篠田麻里子さん。そして“現代のインディー・ジョーンズ”とも“エジプト考古学のファラオ”とも異名を持つザヒ・ハワス博士。ザヒ博士は今回の展示会の監修を務めている。


篠田さんは「最初にツタンカーメン展を見れるので、嬉しい」とコメント。

展示物の目玉の一つでもある、ツタンカーメン王墓の宝庫で発見された『有翼スカラベ付き胸飾り』や『ツタンカーメンの胸飾り』など、アクセサリーについては「私もアクセサリーに興味があって、今日もツタンカーメンの装飾品を実際に見てデザインの勉強にもなりました!」ともコメントした。

「エジプト考古学博物館 所蔵 ツタンカーメン展 黄金の秘宝と少年王の真実」は、3月17日から6月3日まで大阪天保山特設ギャラリーで開催。8月4日から12月9日は上野の森美術館で開催される。

(文:宮崎美和子)