ホテル グランパシフィック LE DAIBA(ル・ダイバ)で3月20日から、劇場版『銀河鉄道999』のコンセプトルームの提供が開始される。

ル・ダイバではこれまで、世界初となった機動戦士ガンダムをモチーフにしたコンセプトルームや、昨年は松本零士氏の代表作『宇宙海賊キャプテンハーロック』のコンセプトルームを展開、いずれも好評を得ている。

【関連:湯沢東映ホテルに10大特典付き『プリキュアルーム』オープン】


3月に開始する、『銀河鉄道999』コンセプトルームでは、室内に原画の大型額装展示や、999号に乗車した気分が味わえるボックスシートの再現、そしてベッドルームには銀河に走る999号のブラックライトの演出が行われる。

設定期間は3月20日から6月30日までの3カ月間。予約は3月5日から開始される。
宿泊費は1室2名利用時で1人29,000円~48,000円。3名利用時で1人24,000円~43,000円になっている。