ロック界のレジェンド・矢沢永吉さんが2020年に実施した、自身初となる伝説的ライヴ映像をオンライン配信するプロジェクト「3 BODY’S NIGHT(サンバディーズナイト)」で配信された3つの未発売ライヴ(1999年、2017年の日本武道館、2019年の横浜アリーナ)が、それぞれBlu-ray&DVDで2021年5月5日にリリース決定。3本セットのコンプリートBOXも同時発売されます。

 2020年、矢沢永吉さんが初めて過去のライヴ映像をオンライン配信した「3 BODY’S NIGHT(サンバディーズナイト)」。配信されたライヴはどれも、これまで映像ソフト化されてこなかった伝説的な公演でした。それが一挙にBlu-ray&DVDとしてリリースされます。

 公演年順に紹介すると、まず50歳のアニバーサリーイヤーに実施された「LOTTA GOOD TIME 1999」ツアーから、1999年12月11日の日本武道館公演。9月1日の秋田から始まったツアーのファイナルにふさわしく、バイクでステージを激走する派手なパフォーマンスで観客を魅了したライヴです。

 そして2017年の「TRAVELING BUS 2017」ツアーで行われた、2017年12月16日の日本武道館公演。1977年8月26日に初めて武道館公演を開催した1977年のツアーから40周年、当時と同じツアータイトルを冠して計5日間開催された武道館公演のうち、中日に当たる12月16日のステージ映像です。

 2019年のツアー「ROCK MUST GO ON 2019」からは、自身18年ぶりとなった12月4日の横浜アリーナ公演。当時70歳という年齢を感じさせないパフォーマンスを見せつけました。アンコール1曲目の「止まらないHa~Ha」で、思いっきりタオルを投げた感触を覚えている人も多いのでは?

 ライヴBlu-ray&DVD「3 BODY’S NIGHT」は、Disc1の「LOTTA GOOD TIME 1999」武道館公演、Disc2の「TRAVELING BUS 2017」武道館公演、Disc3の「ROCK MUST GO ON 2019」横浜アリーナ公演、各単品ではBlu-rayが税込5500円、DVDが税込4500円で、2021年5月5日に発売されます。

 また、3本が特製スリーブケースにセットされたコンプリートBOXも同時発売。Blu-ray版が税込1万4000円、DVD版が税込1万1000円となっています。

情報提供:株式会社ズィープラスミュージック/ガルル・レコード

(咲村珠樹)