グーグルのストリートビューに「自分が写っていた!」なんて人もいるかと思います。過去には芸能人が写っていたこともありましたが、半ケツを出して写っていた芸能人はいないはず……。

 現在、お笑い芸人の宮川大輔さんが、山崎弘也さんに半ケツを出されている画像がストリートビューに写っていると、ネット上で話題になっています。いったいこれは、どういう事なのでしょうか?

 このような画像は、モザイクがかかったりすることもあるのですが、記事を執筆した2019年10月21日11時時点でも、京都府舞鶴市字多祢寺にある京都府道・福井県道21号舞鶴野原港高浜線で見ることができます。

 まさか、グーグルのストリートビューで、こんな面白い半ケツ画像が見られるなんて……。また、ストリートビューには、その半ケツ姿を笑いながら撮影するスタッフの姿も見ることができます。

 実はこれ、10月19日の23時15分からテレビ朝日系列で放送された「ストリート開拓」という番組で撮影されたもの。Googleマップのストリートビューがない“未開拓”な道を宮川大輔さんと山崎弘也(アンタッチャブル)さんが歩き、撮影した360度カメラ写真を公式にGoogleに登録するという番組です。

 ストリートビューでは、「ご自身で写真を撮影してストリートビューに公開しましょう」と、ストリートビューを活用して、コミュニティのユーザーが新しい場所を紹介できるサービスを展開。外出先などで身の回りの風景を撮影し、共有することができます。これを利用した、新しい形の旅番組といえそうです。

 今回は、京都府舞鶴市にスポットが当てられ、この半ケツ画像はその撮影での一コマのようです。この模様は、大輔さんのInstagramでも紹介されています。さらに番組の公式ホームページには、2人が歩いた「舞鶴 ストリートビュー」のQRコードが記載されており、Twitter上では、それを見た一般の人が投稿した、大輔さんが農家の人の水やりをお手伝いしたり、山崎さんがトイレで小をしたりしている画像も見ることができます。

 あらためてストリートビューを見てみると、2人と一緒に、撮影に同行しているような感覚になって、とても楽しい気持ちになってきます。ちなみに、番組の公式ホームページには次回の放送予定などの記載が無いため、次回があるのかないのかは不明。面白い試みなので、せっかくなら不定期でも続けてほしいですね。

<出典・引用>
宮川大輔さんInstagram(miyagawadai)
※画像はグーグルのストリートビューのスクリーンショットです。

(佐藤圭亮)