お笑いコンビ・カラテカの矢部太郎さんのマンガ家デビュー作「大家さんと僕」のアニメ第11~15話が、NHK総合で3月24日夜11時45分から5話連続で放送されることが決定しました。

 「大家さんと僕」は、矢部太郎さんが東京・新宿区のはずれの一軒家で、1階に住むおばあちゃんの大家さんとのほのぼのとしてほっこりあたたかな日常を描き、続編「大家さんと僕 これから」を含むシリーズは累計120万部を突破、第22回手塚治虫文化賞短編賞も受賞した漫画です。

 今回放送される11~15話のうち、第13話には原作漫画で人気の後輩芸人「のちゃーん」が本人役として登場。さらに第14話の「花火」は原作にはないアニメオリジナルエピソードとなっており、アニメならではの大家さんと僕の物語を紡いでいます。


 主題歌は第1~10話に引き続き、数々の名曲を生み出してきた矢野顕子さんが担当。今作品のために書き下ろした「大家さんと僕」は、ゆったりとした時間が流れる大家さんと僕の日常をハートウォーミングな歌唱とピアノで表現しています。

 アニメーションは「映画 すみっコぐらし とびだす絵本とひみつのコ」や「アグレッシブ烈子」など、子どもから大人までが楽しめる多彩な作品を生み出してきたファンワークスが制作。原作の繊細なタッチをそのままに、「ずっと続けばいいな」と思えるほっこりとした、あたたかな日常を描いています。

 今回の放送決定について原作者の矢部さんは「この春も『大家さんと僕』の新作アニメが放送されること、とても嬉しく思います」と感想を述べると、「今回はなんと、アニメオリジナルのお話も作られました。僕と大家さんが花火を見るお話です。原作にはない物語に、僕が一番興奮しています」と話し、気持ちを抑えられない様子。

 さらに「原作で大家さんの次に人気のキャラ(僕よりも!)である後輩芸人のちゃーんも登場します。しかも、本人自ら声を演じていて……目立ちすぎです。どちらも素晴らしすぎて、夢のようです!」と語っていました。

 最後に「シーズン1が放送された2020年3月。先の見えない不安な夜にアニメ『大家さんと僕』をたくさんの方と観たこと、そしてご感想を頂いたことで、僕自身救われた思いがありました。まだまだ大変な時が続きますが、おやすみ前のひとときに、ご覧になって、大切な誰かのことを思ってもらえたら幸いです」とファンに向けてメッセージを贈りました。

情報提供:吉本興業株式会社

(佐藤圭亮)