DREAMS COME TRUE(ドリカム)の4年に1度の祭典「史上最強の移動遊園地 DREAMS COME TRUE WONDERLAND 2019」が、7月14日と15日にさいたまスーパーアリーナで開催。ライブ中に、観客として来場していたダチョウ倶楽部のリーダー・肥後克広さんも会場の映像モニターに登場し、ファンを楽しませていました。

 ドリカムのデビュー当初から、中村正人さんと肥後さんは顔がそっくり、ということで、ダチョウ倶楽部のネタになっていたのはよく知られるところ。また、ドリカムのラジオ番組にゲストで出演したり、2014年にはドリカムの25周年記念ツアー「25th Anniversary DREAMS COME TRUE CONCERT TOUR 2014 -ATTACK25-」にサプライズゲストとして登場したりしていました。このライブDVDのジャケットは、中村さんの顔と思いきや肥後さんの顔だった……という小ネタを覚えているファンも多いことでしょう。

 そんな肥後さんが、さいたまスーパーアリーナで開催されたドリカムワンダーランドに“来園”したことを7月15日付のダチョウ倶楽部公式Instagramで紹介。「リーダーも、ワンダーベイビーズになって楽しんで来ました!」というコメントと共に、会場でライブTシャツを着た肥後さんの写真が投稿されていました。

 ちなみに、「ベイビーズ」とは、吉田美和さんがドリカムのファンを呼ぶ時の呼び方で、ドリカムワンダーランドでは「ワンダーベイビーズ」と呼びます。ライブなどでは、「ベイビーズ」の前に地名が入ります(さいたまスーパーアリーナだったら、「さいたまワンダーベイビーズ」など)。

 さらに同じ日に投稿された別の画像では、肥後さんが中村さんと一緒に、ダチョウ倶楽部の「ヤー!」をやっている姿も……。並んで見ると、本当にそっくりです。お2人が被っている「D」の文字が入ったキャップは、肥後さんが中村さんにプレゼントしたものだそうです。

 コメント欄には、「開演前に入口でお見かけしました」「似てますね~!!」の声。さらにTwitter上でも「ライブ中モニターに映ってマサトさんのベースのモノマネで会場爆笑してましたね!」「ダチョウ倶楽部の肥後さんも会場に来ていて紹介されたよ」と、現地のファンから目撃情報が……!映像を担当するコンサートスタッフも、よく会場を観察して狙ってましたね。そしてモニターに映ってる時にネタを披露する肥後さんもさすがです。

 今年は、ドリカム30周年と4年に1度のワンダーランドが重なったスペシャルイヤー。今後は、「福岡ヤフオク!ドーム」や「京セラドーム大阪」に場所を移して開催されますが、いったいどんなサプライズが待っているのか?今から期待が膨らみますね。

View this post on Instagram

行ってきました❗さいたまスーパーアリーナ‼️ DREAMS COME TRUE 祝30周年。DREAMS COME TRUEワンダーランド2019🎵 やっぱりドリカムさんは凄い。 あれや、これやのワンダーランド‼️ リーダーが着ているTシャツは、ちゃんと、グッズ売り場で購入させて頂きました🎵 美和さんのパワーに、中村さんの細やかなサービス精神。本当に、素晴らしいライブをありがとうございました❗ 帽子はリーダーから、中村さんへ。 NEWERAさんから頂きました。 #ダチョウ倶楽部 #肥後克広 #dreamscometrue #中村正人 さん #吉田美和 さん #さいたまスーパーアリーナ #ワンダーランド2019 #ドリカムワンダーランド2019 #dwl #newera

A post shared by dachoclub_official (@dachoclub_official) on

<出典・引用>
ダチョウ倶楽部公式Instagram(dachoclub_official)
※画像はダチョウ倶楽部公式Instagramのスクリーンショットです。

(佐藤圭亮)