東京ビッグサイトで3月20日から23日に開催される国際アニメーション映画祭『東京アニメアワードフェスティバル2014(TAAF2014)』の「アニメ オブ ザ イヤー部門」ノミネート作品が決定した。

「アニメ オブ ザ イヤー部門」はこの1年間に日本国内で上映・放送された全作品を対象に、多くのファンを魅了し、かつ、現在のアニメーションの技術・独創性・商業性・ストーリー性などで業界にも多大な影響を与え、後世に受け継がれるべきと判断された作品、ならびに個人を表彰する部門。

【関連:TAFとACE、東京都を外した完全民間主導の「AnimeJapan 2014」開催へ】


ノミネートされたのは以下の通り。

<劇場映画部門>

・ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q
・風立ちぬ
・劇場版 あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。
・劇場版銀魂完結篇 万事屋よ永遠なれ
・劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [新編]叛逆の物語

<テレビ部門>
・宇宙兄弟
・進撃の巨人

今回発表された各ノミネート作品から、3月22日にて行われる授賞式にて、受賞作品が発表される。

なお、このアニメ オブ ザ イヤー部門にノミネートされた作品のうちの多数が、会期中である3月20日~3月23日に「TOHOシネマズ 日本橋」にて、ノミネート記念としての特別上映が予定されている。

『東京アニメアワードフェスティバル』は2002年にスタートした『東京国際アニメフェア』の一貫として始まったもの。第13回目となる今年から国際アニメーション映画祭として新たなスタートを切る。