バンダイ公式ショッピングサイト「プレミアムバンダイ」は、「想造ガレリア」 天空の城ラピュタ ロボット兵(3360円/税込・送料別)の予約受付を6月13日11時から開始した。

【関連:謎のカウントダウンサイトオープン?スタジオジブリ作品の新商品発表まであと1ヶ月】


本商品は、ジブリ作品の独特の世界観を、精巧なデスクトップモデルで再現する新シリーズ「想造ガレリア」の第1弾で、スタジオジブリの名作『天空の城ラピュタ』に登場する「ロボット兵」を立体化したデスクトップモデル。2013年5月13日(月)からプレミアムバンダイで謎のカウントダウンを実施していたアイテムで、本日から詳細公開・受注開始となったもの。

商品の特徴は、鑑賞する角度を限定せず、さらに作品世界の奥深さを感じさせる、細部にまで施された独自のディテールにあります。ラピュタの紋章をアレンジしたデザインが施された背中や、各所にリベットが配されるなど、より昇華したデザインアレンジがロボット兵のリアリティあふれる存在感を演出している。
また頭部と左肩部、左手首には可動箇所が設けられており、視線の移動や腕部の角度を調整することで表情づけが可能。
さらに本商品には、「天空の城」を構成する巨石をモチーフとした、台座も付属する。台座はLEDが内蔵されおり、ロボット兵の腕部と脚部が触れている部分の巨石が発光。発光時には、巨石の内部に掘り込まれたラピュタの中核の紋様が浮かび上がる仕組みになっている。

なお本商品は、6月13日(木)から16日(日)(※うち一般公開は15日、16日)に東京ビッグサイトで開催される、東京おもちゃショー2013でも展示される。

会場では商品展示の他、作中に登場する飛行石をモチーフとしたUSBフライヤーが数量限定で配布される。

(C)Nibariki