おたくま経済新聞

ネットでの話題を中心に、商品レビューや独自コラム、取材記事など幅広く配信中!

カテゴリー:ナナメ観!特撮映像館

  • 「特撮映像館」、今回は「ガメラ生誕40周年作品」として制作・公開された『小さき勇者たち~ガメラ~』を取り上げます。昭和・平成のガメラシリーズと根底でつながりながら、まったく新しい視点が描かれたガメラをお楽しみください。 (さらに…)…
  •  今回の「特撮映像館」、前回後紹介した『跋扈妖怪伝 牙吉』の第二部です。第一部でチラッと触れた牙吉の過去のエピソードにからむ、安寿という人狼族の女がストーリーの軸となっています。牙吉たちの魂はどこに向かうのでしょうか。 (さらに…)…
  • 「特撮映像館」、第95回は『さくろ妖怪伝』のスタッフが新たに取り組んだ、特撮+時代劇の『跋扈妖怪伝 牙吉』です。哀しい妖怪たちの運命を牙吉は救えるのか!? 『さくや妖怪伝』のスタッフが再び結集、とソフトのパッケージに記載されているように、監督は特殊造型で…
  • 「特撮映像館」、今回取り上げるのは滝田洋二郎監督の『陰陽師』です。野村萬斎がみごとに安倍晴明になりきった伝奇特撮作品です。 夢枕 獏の原作小説を映像化した作品で夢枕は脚本にも参加している。基本的には早良親王の霊を呼び起こし平安の都を滅ぼそうという陰陽師・…
  • 「特撮映像館」、今回は石井聰亙監督の『五条霊戦記』です。弁慶の力強い描き方を堪能してください。 平安末期、五条橋に現れ人を襲っている鬼を退治するべく修行中の弁慶は鬼斬丸という刀を無断で持ち出し山を降りる。 (さらに…)…
  • 「特撮映像館」、今回は江戸川乱歩の原作を塚本晋也監督が映画化した『双生児』です。全編にわたる特殊メイクがある意味見どころの作品です。 江戸川乱歩の原作を塚本晋也が監督した作品。とりわけ特撮映画というジャンルはないが、特殊メイクは全編に渡ってふんだんに使わ…
  • 「特撮映像館」、今回は巨大化する仮面ライダーとして知られる『仮面ライダーJ』です。巨大化するということ以外にも注目したいポイントがあり、シリーズの原点を見据えたテーマ設定など、ライダーシリーズのターニングポイントだったようにも感じられます。 『仮面ライダ…
  • 「特撮映像館」、90回目の今回は劇場公開された『仮面ライダーZO』をご紹介いたします。原点に帰ったシンプルな戦闘能力を持ったZOは、ある意味ライダーの完成形だったかもしれません。 本作は、仮面ライダー20周年記念として企画・制作され、ライダーや怪人のデザ…
  • 今回の「特撮映像館」は「大魔神」シリーズ最終作、『大魔神逆襲』を紹介します。 前2作とは雰囲気の違う大魔神は、子供たちのヒーローに軸足を向けた結果といえます。また本作では魔神の遣いの大鷲が登場し、魔神が宝剣を抜くといった前2作には見られないシーンもありま…
  • 「特撮映像館」88回目は、『大魔神怒る』をご紹介いたします。第1作の好評を得て制作された第2作は、よりみどこ満載の本格時代特撮映画になっています。 第1作『大魔神』の好評を得て同年8月に公開された第2作目。ちなみに第3作は同年の12月に公開されており、『…

編集部おすすめ

  1. 子猫の時は何にでも興味を持ったりするもの。しかし、猫の天敵とも言える掃除機は少し違うみたいです。サイ…
  2. 風鈴の音やセミの鳴き声、中華料理屋の「冷やし中華はじめました」など、夏を感じさせるものは数多くありま…
  3. Twitterユーザーのなみそさんのお家では、2歳のういろうくんとおもちちゃん、1歳のいなりくん、そ…
  4. みにらくんの飼い主さんが7月19日に、「腹筋の筋トレ中にお腹の上に乗ってきて落ち着いてるんだけど、こ…
  5. カニがご飯を食べているようすが、こんなに可愛いとは……。Twitterユーザーのちろ氏さんが、最近飼…
  6. 7月7日~8月6日までの吉方位まとめ。一白水星は南西、二黒土星は東南、三碧木星は北西、四緑木星は北西…
  7. 生きていれば理不尽に思うことがたくさんあります。それは人間だけではなく動物の世界も同じ。シベリアンハ…
  8. 株式会社バンダイは、たこ焼き型のケースの中に「たこあし」や「イイダコ」など様々な「たこ」の指輪を封入…

提携メディア

ページ上部へ戻る