ユニバーサル・スタジオ・ジャパンは、任天堂をテーマにした壮大な新エリア「スーパー・ニンテンドー・ワールド」の開業日を、3月18日に決定しました。

 当初は2月4日の開業を予定し、2021年春で開業20年の節目を迎えるユニバーサル・スタジオ・ジャパンにとって記念すべきアニバーサリーイヤーの幕開けとなるはずでしたが、緊急事態宣言発令により、様々な側面から現況を慎重に検討した結果、開業日を延期していました。

 「スーパー・ニンテンドー・ワールド」は、日本が世界に誇る任天堂のキャラクターやゲームの世界を、ユニバーサル・スタジオの革新的なアイディアと世界最新鋭のテクノロジーにより、圧倒的なスケールとクオリティで現実世界に再現した、まったく新しい大規模テーマエリアです。


 ユニバーサル・スタジオ・ジャパンは、「全身でアソビの本能を解放することで、明日への活力につながる超興奮・超感動を得られる、次世代テーマパーク体験にどうぞご期待ください」と、首を長くして開業の日を待っていたファンに呼びかけています。

 なお、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンは業界各企業や協会団体と共に「遊園地・テーマパークにおける新型コロナウイルス感染拡大予防ガイドライン」の制定・改訂に参画。

 このガイドラインに準拠した独自の対策として、ゲストとクルーの健康と安全の確保を最優先に、国内外の情勢を鑑みて保健行政機関や医療専門家からの指導を仰ぎ、徹底した衛生強化対策を講じた上でパーク運営を行っています。

 そのためパーク全体での入場者数のキャパシティ・コントロールを実施しているほか、パーク内では常時マスクの着用が必要となります。新エリアにおいても必要に応じてゲート入場可能時間を限定する整理券対応を行うとのことです。

情報提供:ユニバーサル・スタジオ・ジャパン

(佐藤圭亮)