ぶんけいさんと@小豆さんの男女2人組によるYouTubeチャンネル「パオパオチャンネル」が、2021年1月22日に「2021.01.23」というタイトルで新たな動画を投稿しました。2019年6月の活動休止以来、1年8か月ぶりとなった動画投稿は、わずか40秒の内容。誰も居ないソファーの前にマスコットキャラクターの「パオぞう」が置かれ、ただ「最近暑いよ~」と一言入っているだけのもの。しかし、それでも322万回再生(1月25日現在)を記録しています。

 「パオパオチャンネル」は、ぶんけいさんと@小豆さんの男女二人組、そしてマスコットキャラに”パオぞう”を据えて活動しているYouTubeチャンネルです。

 もとはニコニコ動画で「踊ってみた」などの動画をそれぞれ投稿していた二人が、イベントでの共演を機に意気投合し、2015年12月にコンビを結成しました。当初は「踊ってみた」系の動画を投稿していましたが、徐々にYouTubeならではの「企画」系の動画も増加。その息ぴったりで和やかな二人の雰囲気に多くのファンが魅了されてきました。

 翌1月23日には「活動休止から1年8ヶ月が経ちました」と題した動画を改めて投稿。コンビとしての活動休止期間にそれぞれのソロ活動の中で感じた自身の成長などを語りながら、ぶんけいさんの「いろいろ食べた?」という問いかけに「いろいろ食べた。」と答える@小豆さん。ほのぼのとした変わらぬ二人の関係性に、ファンからは「おかえり」「待ってた」といった温かいコメントが殺到しました。

 中には、人気YouTuber「アバンティーズ」から「だいすき」といったコメントのほか、これまで多数コラボしてきた「北の打ち師達」から「おかえでぃ」(「でぃ」とは、@小豆さん語としてファンの間で親しまれている言葉)などのコメントも寄せられており、パオパオチャンネルの活動再開が同業者の間でも心待ちにされていたことが伺えます。

 さらに動画の中では、今後の活動についても言及。それぞれのソロ活動を続けながら、パオパオチャンネルとしては3か月に1回程度・春夏秋冬のタイミングで活動していく方針を報告しました。

 概要欄には、「私たちのチャンネルには『スクショ』という有り難い文化があります。今回の動画では、一部を切り取った情報で皆様に誤解を与えないためにも、説明時のテロップを意図的に除いて投稿させて頂きました」と注釈を掲げており、その姿勢にファンからは「今後についての話も本当に納得のいく説明だった。それだけでなんていうか、安心するし、信頼感が凄い」と声が上がっています。

 また、動画は(記事執筆時点)303万回再生で急上昇ランク1位を記録。続いて投稿された「1年8ヶ月の休止期間を爆速で埋めちゃうよん」という動画も公開からわずか14時間で152万再生、急上昇ランク2位となっています。

<参考・引用>
パオパオチャンネル
※画像はYouTube「パオパオチャンネル」のスクリーンショットです。

※初出時よりタイトルを一部変更しました。更新→活動。

(Shima)