おたくま経済新聞

ネットでの話題を中心に、商品レビューや独自コラム、取材記事など幅広く配信中!

カテゴリー:おもしろ

  • まるで貴族?くるくるのおひげがチャームポイントの猫さん
    ツイッターにて「おはよーである」と、紹介されたのはラムキンのもやしくん。鋭い視線でカメラを見つめていますが……どうしても目が行ってしまうのはくるくるに巻いたおひげ。まるでパーマがかかっているかのごとく、カールしたひげや眉上毛は、せっかくのキメ顔がかすんでしまうくらいの存在感を放っています。一体何が……?
  • 画像提供:アルトゥルさん(@ArturGalata)
    日本推しラトビア人のアルトゥルさんは11月29日、自身のTwitterに「たぬきそば」や「たい焼き」など、外国人が聞いたら頭に「?」が浮かびそうな日本の食べ物について投稿。最も驚いた日本の料理は「かっぱ巻き」。最初に聞いた時は「伝説の化け物を巻いた!」と驚愕。「かっぱが好きな食べ物がキュウリだから……」と由来を聞いて納得したものの、「不思議な名前の付け方」と語っていました。
  • 画像提供:コオリヤマさん(@koube_neko)
    「大盛りに対する考えの不一致」について語るのは、Twitterユーザーのコオリヤマさん。飲食店での実体験を2コマ漫画にして投稿。一コマ目には店員さんの「大盛りお待ち!」という声と茶碗に盛られたご飯が。しかし、ご飯の量は並盛り程度。描かれているキャラクターには困惑の汗がたらり。「おかわりするか」とつぶやいています。投稿された漫画には「同じ気持ちによくなります」など、共感の声が寄せられています。
  • 形状を完全再現した木彫りのテレビリモコン レーザー機能で猫もハッスル
    木材ならではの暖かみを感じる彫刻作品を多数手掛けてきた「木彫りのぽっぽ」さんが、新作をツイッターで公開しました。今回の題材は、なんとテレビのリモコン。大きさや形の再現度の高さはもちろんのこと、レーザーポインターが内蔵されていることにより、猫ちゃんと遊ぶことだって可能。見て、触って、遊べる、マルチリモコンとなっています。
  • 抱っこすると飼い主が隠れてしまう「でかポメ」のでっかわいい姿。
    3歳になるポメラニアンのぱるくんは、体重が7キロもある「でかポメ」。大好きな抱っこをされると、飼い主の姿が見えなくなってしまいます。それは、独特なふわふわな毛並みの有無関係なし。トリミング前後を紹介した投稿写真では、尽きる体力を気にしつつ、飼い主も驚きを再認識。
  • ケルベロスならぬ「ニャルベロス状態の左からかぎしっぽちゃん、キキくん、ララちゃん(猫野四季さん提供)
    ギリシャ神話に登場する怪物ケルベロス。1つの胴体に3つの頭を持ち、順番に交代して休息を取りながら、ハデスの支配する冥界の門番をしていると伝えられます。そんなケルベロスもびっくりな、キキくん、ララちゃん、おれしっぽちゃん3匹のきょうだい黒猫が固まり、こちらを見つめる写真が撮影されました。3つの顔が並ぶ姿は、ケルベロスならぬニャルべロス。ここはエアコンの吹き出し口も近く、暖房が入ると特等席なんです。
  • 吉野家公式Twitter(@yoshinoyagyudon)より
    本日Twitter上では11月29日イイニクということで「#いいにくいことをいう日」というハッシュタグがトレンド入り。牛丼チェーンの「吉野家」がそれにちなみ、Twitterの公式アカウントで「松屋さんは牛めしにみそ汁がつく!!」とツイート。すると松屋の公式アカウントも引用リツイートで「吉野家さんの牛すき鍋膳が毎年楽しみ」と返しました。一連の牛丼チェーン同士のコラボは多くの人を楽しませています。
  • 画像提供:ぐれたんさん(@guretan_25)
    仕事から疲れて帰宅した妻を待っていたのは、夫の手作り巨大餃子でした。インパクトも大!目の前に現れた巨大餃子に、「こんな餃子見たことねぇよ」と驚いて疲れも吹き飛びそうです。巨大餃子は長さ約20cm・幅約8cm。餃子の皮も手作りで30~40枚分、使用して作ったそう。味のほうは「とても美味しくできました」と、2人とも満足している様子でした。
  • モップかな?ウトウトして地面に溶けてしまったわんこ。
    「なんか凄いのぺっとしてる」のつぶやきとともに、Twitterに投稿されたポメラニアンのポメくん。お気に入りという飼い主の膝の上で撫でてもらっていた際に見せた姿は、心地が良すぎてウトウトしている自身。ところが、飼い主の体勢もあり、段々と沈み込むのような姿になってしまいました。
  • 病院の待合室で堂々と眠るワンコに飼い主も誇らしげ「弊犬最高すぎる」
    多くのペットにとって、病院の診察は苦手なものであると思いますが、訪れた病院にて大物ぶりを見せつけたのは柴犬のゆきみちゃん。待合室にて横たわって大人しくしているだけでなく、なんとそのまま眠ろうとしていたのだとか。その様子がツイッターに投稿され、多くの方を笑顔にしています。
  • 画像提供:ぬこー様ちゃんさん(@nukosama)
    電車を利用する人なら誰しもが欲しいと願う「能力」を漫画にしたのは、漫画家のぬこー様さん。その能力とは「座席に座っている人がどこで降りるか分かる能力」。ぬこー様さんはリアルの世界では当たることはあるものの、「成功率が低すぎて、あてになりません」と能力を身につけたとは言えない様子。漫画を見た人たちから「わかる!」という声や降りようとしている人を見分けるコツなどが寄せられ、多くの人の関心を集めています。
  • 猫さんふっとばされた!テンション爆上げのち真顔で宙を舞う愛猫。
    警戒心の強さは猫の特徴のひとつですが、驚いたときの多彩なリアクションもまた印象的です。猫の歳三くんは先日、飼い主である糖質ゼロ麵さんとの「大運動会」の最中、ふいに見つけたおもちゃに驚きすぎて真顔で飛び上がってしまいました。ああっ!歳三くんふっとばされた!
  • 警備疲れたワン。哀愁漂う愛犬の姿が疲れたサラリーマンみたい。
    「たまにはおめかしを」と、飼い主が結んでくれたリボンを身にまとった柴犬のマロさん。ところが、Twittermの投稿写真では、まるで「疲れたサラリーマン」のようにヨレヨレ。自身も随分とくたびれた表情になっていました。一体なぜ?それは結んだ後の出来事が原因だった模様。
  • これはぴったりすぎる!雪見だいふくのパッケージにおさまるハムスター
    雪見だいふくのパッケージにおさまる、ふわふわ真っ白な生き物。パールホワイトのハムスターおこめちゃんです。Twitter上では、パッケージの中にまんまるくおさまって行くようすの動画が92万回以上再生されています。
  • 「なんか落ちてる」無防備に寝転がるうさぎさんの姿にほっこり
    猫が廊下などで寝転がっているさまを「猫が落ちている」と表現することはありますが、それはどうやらうさぎさんにとっても同じであった模様。ツイッターにて、飼い主さんに「なんか落ちてる」と涙を流して笑う絵文字付きで紹介されたのは、ネザーランドドワーフのけまりくん。カーペットでぽてっと寝転がる姿は……たしかに「落ちてる」。
  • 画像提供:こし チョコさん(@chocossy_)
    深夜のテンションで作ったとは到底思えない「お菓子の家」を完成させたのは、三鷹市でお菓子の細工教室などを運営しているTwitterユーザーのこしさん。市販されているお菓子を使用して作った「お菓子の家」は、家というよりも「お菓子の城」のようです。 作業にかかった時間は合計で約24時間。仕事終わりに数日間、「成人男性2名の深夜テンション」を活力にして完成させたそうです。
  • 画像提供:ともさん(@tomo_tomo1119)
    乾燥が気になる時期になり、部屋に加湿器を設置したTwitterユーザーのともさん。すると愛犬のこまちちゃんが思いもよらぬ愛犬の行動に。「こんな使い方あり?」と驚いた様子で投稿した写真には、加湿器の蒸気口に鼻を押しあてているこまちちゃんの姿が写っています。最初は少し警戒していたそうですが、しばらくすると鼻にあてて蒸気を吸い始め、それを繰り返しおこなっていたので思わず写真を撮ったとのことです。
  • むき出しの配管……ではなく白蛇さん!?
    真っ白な配管のように見えているのはなんと白蛇。浴室ドアの上に張り付いているようすの写真がTwitterに投稿され、7.6万件以上ものいいねがつけられています。写真の白蛇は、ブラックラットスネークのリューシスティックという種類のメリッサくん。この日はガラスケージの掃除をするために外に出していたところ、監視の娘さんの目をかいくぐり上へ上へと登り出して、今度は自分の体が邪魔で戻れなくなったのだとか。
  • ジョジョ?マイケル・ジャクソン?トッポの空き箱がダンディな紳士に変身
    主にお菓子の空き箱を、アッと驚く作品に作り変えてしまう「空箱職人 はるきる」さんが、新作をツイッターに公開しました。 今回用いた空き箱はロッテの「トッポ」。パッケージに描かれた、ノッポトッポちゃんのかわいい顔とはアンバランスな「ダンディー紳士」を誕生させています。このクオリティーは……まさに脱帽!
  • お札をくわえてキメ顔のポメラニアン まるで風刺画?
    「なんかの風刺画みたいなの撮れた」と、SNSに投稿された写真。お札をくわえたカメラ目線のわんこと、背後で泣く赤ちゃんなど、情報量の多い一枚が笑いを誘っています。お札をくわえてドヤ顔を決めるのは、わびすけくん9歳。飼い主さん曰く、「省エネおじさん」で「無口で最低限しか動きません」というわんちゃん。人との距離感も「ビジネスライク」。オヤツをあげる権利をもたない子どもたちには媚びることはないそうです。

編集部おすすめ

  1. 画像は2022年12月7日に公開されたトレイラームービーのスクリーンショットです
    イギリスのゲーム開発会社Dambuster Studiosが開発を担当し、Deep Silverが販…
  2. アクションパズルゲーム「GRIS」12月13日にPS5/Xbox Series X|S版が登場
    スペインのインディーズゲームデベロッパーNomada Studioが開発し、アメリカのパブリッシャー…
  3. 飼い主さんの手に乗り込むキャンベルハムスターのピノちゃん(ココ&ナッツCHANNELさん提供)
    ハムスターと飼い主さんとの交流は、SNSで見ていても微笑ましいもの。しかしすべてのハムスターが飼い主…
  4. イギリスのゲーム開発会社であるAntimatter Gamesは、開発中のタクティカルシューティング…
  5. Greyhill Incident
    イギリスのゲーム開発会社Refugium Gamesは、PC向けSFホラーサバイバル「Greyhil…
  6. 画像:HBO公式Twitter(@HBO)のスクリーンショット。
    ワーナー傘下のケーブルテレビ「HBO(ホーム・ボックス・オフィス)」は12月4日に、米国で2023年…
  7. 親子2代にわたって遊び尽くされたおもちゃたち(幽波紋Zさん提供)
    小さい頃に遊んでいたおもちゃ、今どうしていますか?成長や引っ越しのタイミングで処分され、手元にない場…
  8. 画像提供:しゃくさん(@shakunone)
    ボロボロに擦り切れたネクタイの裏にあった感動のエピソードを、株式会社笏本縫製代表の笏本達宏さんがTw…

提携メディア

ページ上部へ戻る