ゲーム内では野生のポケモンであれば必ず捕まえられるという究極の性能を持つ貴重な「マスターボール」が虫かごになって登場。

 精密部品メーカーの株式会社キャステムより「マスターボール 虫かご(税込1650円)」が自社ECサイト「IRON FACTORY」にて6月4日より発売予定。先行予約販売は6月1日10時よりスタートしています。

 本商品はポケモン虫かごの第2弾。2019年に発売された「モンスターボール 虫カゴ」は約1年で販売数4万個を超える大ヒット。購入者からは「虫嫌いだった子どもが虫を触れるようになった」「親子で外遊びをするきっかけになった」など、多くの喜びの声が寄せられています。

 今回発売となる「マスターボール 虫かご」はゲーム内同様、白と紫のツートンカラーのボールにMの文字がデザインされているのが特徴。真ん中の丸いボタンを押すと開閉する仕組みになっています。

 持ち運びやすいように肩紐が付いており、底面を平らにしたことで安定して置けるのも特徴のひとつ。さらに虫が逃げにくいように、天井部分には上から開けられる窓を追加。直径約17cmで重量は約190gと子どもが持ち運びやすいサイズ感で、見た目のかわいさだけでなく虫かごとしても機能的な商品です。

 虫かごとしてだけでなく、中にぬいぐるみやお菓子を入れてバッグ代わりにするのも楽しそう。「マスターボール 虫かご」をもって出かければ、ポケモントレーナー気分を満喫できるかもしれません。

(C)Nintendo・Creatures・GAME FREAK・TV Tokyo・ShoPro・JR Kikaku (C)Pokémon

情報提供:株式会社キャステム