この雲の形、あなたには何に見えますか?犬や猫、それとも違う何か?人によって見え方が変わる、不思議な形の雲の写真がツイッターで話題です。

 返信欄には多くの犬や猫という意見のほか、キツネ、リスなどの動物に見えるといった声や、親指を立てたサムズアップ、逆さにしたリーゼントなど生き物以外の回答も。ツイートには300件を超えるリプライが寄せられ、返信欄は大盛り上がりとなっています。

 特に意見の多かった猫については、ペルシャ、スコティッシュフォールドといった長毛種の猫が、写真で見て右側に顔を向け、後ろを振り向いているように見えますね。

 次に意見の多い犬については、ゴールデンレトリバーやボーダーコリーのような大きな犬が、上に向けて顔を上げ、座りながら遠吠えをしているように見えます。

 猫好きなら猫に、犬好きなら犬に見える、といったところでしょうか。何とも幻想的かつ不思議な写真です。ちなみに猫派の筆者にはもちろん猫に見えました。

 投稿を行ったのはツイッターユーザーのやわいさん(@k82gwixEBBMgEQn)。やわいさんは仕事で全国さまざまな場所へ行くことが多いのだそうですが、この写真は兵庫県での仕事帰り、日が沈む時間帯に道を歩いていた際に偶然発見したのだそう。実物の雲はとても大きくてまぶしくて迫力があり、思わず撮影をしたのだそうです。

 ちなみにやわいさんは猫を飼われているそうですが、どちらに見えたかはコメントを差し控えるとのこと。

 「きっと犬好きなら犬、猫好きなら猫に見えるんだろなと思って投稿しました。Twitterには色んな動物好きな方々と発想力、表現力豊富な方々がいらっしゃり、ここ何日かずっと心がほっこりしています」と反響の大きさについて語ってくださいました。。

 年齢を重ねるごとに、めっきり空を見上げる機会が減りましたが、たまには息抜きにでも雲を眺めてみると、思わぬ発見があるかもしれませんね。

<記事化協力>
やわいさん(@k82gwixEBBMgEQn)

(山口弘剛)