世界中から愛されているくまのぬいぐるみ「テディベア」。

 多くのファンがいるゆえ、アレンジもまた多種多様。SNSでも都度話題になるのですが、先日もTwitterに出没したあるテディベアの姿が、多くのユーザーの目を奪いました。

 「バギーベア(バグったクマ)を友達が作ってくれた! オーロラリフレクターって言う生地らしい。次何作ってもらおう」

 造形作家の岡田悠助さん(以下、岡田さん)が、そんなつぶやきとともに自身のTwitterに投稿したのは、会社の同僚から貰ったという、テディベアを撮った約20秒の動画。

 そこには「BUGGGY」と記されたタグがつき、全身をサイケデリックなカラーリングが施されたテディベアが出現。反射しているかのようなゲーミング感あふれる姿は、誰しも目を奪われるものとなっています。

 さらに動画内では、岡田さんが手を回しつつ、テディベアを様々な角度から披露。首元にある緑のリボンが浮かび上がっているようにも見えます。

 文字通りの「映え投稿」には、多くのTwitterユーザーの目が釘付けに。これほどまでに視認性の強いテディベアは、なかなかお目にかかれません。どういうカラクリなのか気になるところです。

 「これは、私の所属する会社『有限会社自由廊』のデザイン・衣装担当である小野が、『オーロラリフレクター』という生地で作ったものなんです。元々小野は、テディベアを作るのが好きな人間で、いくつかオリジナルを作っていました。今回はたまたまこの生地を手にして、『これで作ればめちゃくちゃ可愛いんじゃ?』ということで制作しました」

 「オーロラリフレクター」とは、福井県にあるアパレル会社「株式会社丸仁」が有する、特許技術で作られた特殊な材質の生地。「再帰性反射」と呼ばれる、道路の交通標識にも用いられる光の現象を活用し、対象をヘッドライトなどで照らし合わせることで、生地が発色する仕組みになっているんです。

 今回岡田さんが撮影した動画についても、同様にフラッシュ撮影によって発色した「後」のもの。投稿のリプライ欄や、岡田さんのInstagramアカウントにて投稿したテディベアは、紫柄の生地が艶感を出していますが、どちらかといえば馴染みのある装いとなっています。

 これが光を当てることにより、今回Twitterで反響となったゲーミング世界でバグったかのような「バギーベア」に変貌。

 見ているだけで、脳裏に焼き付くようなインパクトですが、この投稿には、「販売元」である先述の丸仁が展開するブランド「LIGHTFORCE(R)」公式Twitterも思わず反応しています。

 今回投稿した岡田さんは、本業は先述の自由廊にて、TV・映画・CMなど様々なジャンルの特殊メイクや特殊造形を制作。TwitterやInstagramでは、その作品が都度投稿され話題となっています。

 ちなみに現在は、「日本文化と特殊メイクで養った『リアル』を合わせた『現代版能面』を制作しています」とのことです。

<記事化協力>
岡田悠助さん(Twitter:@dakarasapiri/Instagram:@okada_jur)

(向山純平)