GA文庫(SBクリエイティブ)刊行のライトノベル「天才王子の赤字国家再生術」のアニメ化が決定。若き王子・ウェインと補佐官の少女・ニニムが描かれたキービジュアルも解禁され、主人公であるウェイン役を斉藤壮馬が担当することも発表されました。

 「天才王子の赤字国家再生術」は著・鳥羽徹×イラスト・ファルまろが描く予想外だらけの弱小国家運営譚。資源も人材も兵力もなく“完全に詰んでる国”の若き王子・ウェインが悠々自適な隠居生活を送るため国を売ることを画策するも、意外な方向に進んでいってしまうというストーリー。「このライトノベルがすごい!2019」(宝島社刊)では文庫新作ランキング4位を獲得し、シリーズ累計25万部を突破する人気作品です。

 主人公であるウェイン役は齊藤壮馬が担当。「アカメが斬る!」のタツミ役など数多くの作品に出演してきた実力派声優です。出演発表に伴い「切れ者なのに怠け者……かと思いきや、なんだかんだで結果的には大きな成果を収める若き王太子・ウェインは、様々な表情を見せてくれる魅力的な人物です。まだ収録はスタートしていませんが、シリアスとコメディのメリハリが効いた作品になるのではないかな、と今から楽しみにしております」とコメントをよせています。

 公式Twitter(@tensaiouji_PR)ではTVアニメ化を記念し、フォロー&RTキャンペーンを開催。「鳥羽徹先生の直筆サイン入り小説本」「ファルまろ先生の描き下ろしイラスト色紙」が抽選で各1名に当たります。公式アニメHPでは原作者コメントなどがチェック可能。追加キャストなどの最新情報も公式HPや公式Twitterにて徐々に公開されていく予定です。

(C)鳥羽徹・SBクリエイティブ/天才王子製作委員会
情報提供:NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン合同会社