お店やホテルなどで使われる制服やタオル、シーツなどの繊維製品に、雑菌やウイルスを不活性化させる加工をすることに特化したサービス「HUG(ハグ)」が、2021年1月20日より始まりました。新たに抗菌・抗ウイルス加工されたグッズを導入することなく、現在使用している繊維製品に加工することに特化した法人向けサービスは、HUGによると日本で初めてだといいます。

 この繊維製品抗菌・抗ウイルス加工サービス「HUG」は、オリジナルウェアブランド「ALL YOURS」の企画・開発・販売を行う株式会社オールユアーズが専門の子会社、HUG株式会社を設立して提供するもの。新型コロナウイルス禍で抗ウイルス加工されたグッズの需要が高まる中、おしぼりやシーツ、タオルなど多くの繊維製品を扱う業種を主に想定しているそうです。

 抗菌やウイルス不活性加工された繊維製品は、デザインや質感、色合いなどが限られているのが現状。お店やホテルにとっては、サービスのアイデンティティとして現在使用しているグッズを採用している場合もあり、簡単に妥協できない部分でもあります。

 HUGでは、タオルやシーツ、制服などの繊維製品を回収し、それに雑菌やウイルスを不活性化させる加工を施します。様々な実験を重ね、抗ウイルス活性値が工業洗濯を50回実施しても、JISで定められた2.0を大きく上回る4.3を記録するほどの耐久性が得られたといいます。また抗菌効果も、製品に接触1分後に発揮されるとのこと。

 工業洗濯50回というのは、タオルを週4〜5回洗濯したとして、単純計算で2〜3か月程度抗菌・抗ウイルス効果が持続するということ。定期的に加工し続けることで、現在使用している繊維製品を使い続けたまま、抗菌・抗ウイルス効果が得られるとしています。

 現在、先行サービスとして、東京の渋谷(宮下公園)にあるホテル「sequence MIYASHITA PARK」では従業員のユニフォームに、そして東京・代々木上原にあるミシュラン1つ星レストラン「sio」で提供されるおしぼりで導入されており、どちらも好評を得ているとのこと。将来的にはカフェや美容室、福祉施設や避難所などへ導入を提案することも計画しているといいます。


 回収から加工されたグッズが届くまでは最短で3営業日、最長でも12営業日とのことで、気になる料金はフェイスタオルサイズであれば1枚あたり300円(1日・1枚あたりのランニングコスト4.6円)から導入が可能。HUGの公式サイトには、導入を検討するにあたって参考になる各種の情報が掲載されています。

情報提供:HUG株式会社

(咲村珠樹)