近ごろすっかり冷え込んできたので、食事の際も、上に何かを羽織って食事をする方も多いのでは。

 どうやらこれはヒトに限った話ではないようです。

 「寒いのでお洋服に着替え、気に入って脱ぎたくないのでそのままご飯…後ろから見ると何の生物だか分からん…」

 Twitterユーザーのqeeさんがそんなつぶやきとともに投稿したのは、ペットのバイドジャンガリアンハムスターのくぅくんを撮影した動画。

 「人懐っこくてとても穏やかでのんびり屋です」と飼い主のqeeさんがそう語るくぅくんですが、この日は寒かったのか、何やらモフモフとした布製のものに頭から一直線。

 「何をしているのだろう」と、qeeさんがくぅくんを持ち上げ、クルリと反転させると、そこには、白熊のようなデザインのファーつきフードを着用したくぅくんの姿。どうやら「防寒対策」で着用したようです。それにしても、満足気の表情。

 しっかりと着込んだ後は、お待ちかねの食事タイム。この日はキャベツのようですね。一心不乱にキャベツにかぶりつくくぅくん。よっぽどお腹を空かせていたのでしょうか、貪るかのようにキャベツをムシャムシャ。

 何とも“人間味”あふれたくぅくんの生活風景には、「かわいすぎ~」「うちの子も同じ事してたwww」「自分で着ちゃって、そのまま食べてるのが凄いです!」などといった声に、3万近いいいねが寄せられ、約20秒間の動画再生回数は25万回を超える大きな反響となりました。

 そんなくぅくんでしたが、qeeさん曰く、「普段から食べ物のことばかり考えているので、食べているときは何をしても全く気にしないんですよ」なハムスター。

 後日、食事シーンのみを抽出した動画をqeeさんは投稿されたのですが、改めてそれを見ると、確かにそれも納得のがっつきっぷり。フードに顔が隠れてしまい、qeeさんが「何の生物か分からん」とつぶやいたのも、うなずけるものでした。

<記事化協力>
qeeさん(@qee_913)

(向山純平)