夏は汗もかくし薄着だし、ぷうん……と嫌な体臭のにおいが漂ってしまうイメージがありますが、実はそんな夏よりも冬のほうが体臭には注意したほうがいい季節だってご存じですか?

【関連:新垣隆、世界一臭い『シュールストレミング』食後の息の臭いを作曲→動画みたら案の定悶えてた】

まず体臭については、臭いと感じるようなアポクリン腺から栄養がたくさん含まれている汗が冬場でも分泌され、これが臭います。
栄養が多いゆえに常在菌が増えやすく、緊張したときや冷や汗をかくときなどに多く分泌され、特に長袖を着る冬場は通気性が悪いせいで余計臭ってしまうのだとか。

いわゆるワキガと呼ばれる場合は、一般的にこのアポクリン腺の数が多かったり動物性のものを多く食べる人に多いとされており、軽度のものから重度のものまであります。
軽度だとあまり臭く感じることはなく、フェロモンとして汗フェチの人の絶好な御褒美になるなんてこともありますが、重度だと同じ屋内にいるだけで呼吸をするのがつらくなるレベルなんていうことも。冬場は特に室内をしめきってしまいがち。そんな時にワキガの臭いが漂えば、場所によっては軽いワキガテロにもなりかねません。

そんな体臭や口臭が周囲の人に迷惑をかけているこの「スメルハラスメント」。
体臭や口臭は本人が気づかないことが多く、非常にデリケートな問題であるため指摘しづらいというのが現状です。

では、どうすればいいのでしょうか。

【自分自身のスメルチェック方法】

1:口臭チェック
口臭の場合はコップを用意して、その中に勢いよく自分の吐息を入れ、そのまま嗅いでみると臭いのかどうかが一番てっとり早く判別できます。

2:体臭チェック
体臭については、お風呂上がりのにおいがリセットされた状態で一日中着た自分の洋服を嗅いでみると自分のにおいを客観的に嗅ぐことができ、臭いかどうかの判別ができます。

こうやって自分自身でもチェックすることができます。

さらに、そんな体臭をどうにかしようとつけたデオドラントや香水のにおいが周りへの迷惑を増大させてしまっている場合もあります。
体臭をカバーするためではないにせよ、強いにおいを放つものは特に密室状態となりがちな、バス・電車・飛行機などの公共の乗り物内では人によっては気分を悪くさせてしまいます。最近では「香害」なんていう言葉も使われるようになっており、いい香りをつけようと思って使っている柔軟剤ですら、「最早香害レベルの柔軟剤がある」という声すらあるのです。

体臭や口臭については香りでカバーするのではなく無臭のものでカバーしたり清潔にするよう心がけたり、またにおいの原因に直結する胃腸の調子を整えるなど日頃から気をつけるようにして、香りを放つものに関してはほどほどにマナーの範疇で使用する、ということが自分をスメハラの原因にしないようにする大きな手段なのかもしれませんね。

(文:貴崎ダリア)