いつの時代も子供達の心を掴んで離さない“魔法少女”――。

私が子供の頃はちょうど『魔法の天使クリィミーマミ』が全盛でした。そしてひとりの親となった現在、愛娘は『プリキュア』シリーズを毎週欠かさず見ています。

作品は違えど、いつの世も愛される“魔法少女”というジャンル。
そんな夢ある世界に、一石を投じる異色作が誕生しようとしています。

その作品は……『魔法☆中年 おじまじょ5』。

【関連:滋賀大学の生協に要望書を出してみた→これまた“わけがわからない”程うまい回答が返ってきた!】


メンバーは5人の見目麗しい乙女達ではなく5人のオッサン。しかも年齢設定は55才から33才と加齢臭も白髪も目立つデリケートなお年頃。

物語は善川製作所2代目社長・善川聡史(55才)が、ある日孫娘からこうおねだりされることに始まります「おじいちゃま、魔法少女になって!」。
そして善川社長はそんな孫娘の願いを叶えるべく、本当に“魔法少女”を結成することに。

巻き込まれたのは、善川製作所勤続33年の窓際社員・飯田俊太郎(52才)、中途入社の副島亮太(33才)、遣り手営業・片田尚輔(47才)と、取引先のデザイナー・井上遼(47才)。

そして気になる変身アイテムは「片田のイスタンブール出張土産“魔法の石”」。これを手にすることで“顔・体・年齢”はそのままに衣装だけ変身できるそうです……。
変身シーンはどんな風になるのでしょう。想像するだけで……つらいです。

『魔法☆中年 おじまじょ5』……おっさん姿のまま魔女っ娘になった、中年男性5人の物語――。ドラマCDが2014年に発売されるそうです。

なお、12月29日(日)~31日(火)に開催される『コミックマーケット85』への参加が決定しています。
会場では「おじまじょ5」缶バッジの無料配布などを予定。ブース名はダイス&グリフォン、ブース番号は西4階企業ブースNo.636。

――キャスト
善川聡史/イノベーション社長―中田譲治
飯田俊太郎/サンシャイン窓際―関 俊彦
副島亮太/カタルシス中途採用―浪川大輔
片田尚輔/グローバル営業部長―中井和哉
井上 遼/ベンチャー井上―松本保典
エリザベス―石田 彰

参考/引用:
魔法☆中年 おじまじょ5公式サイト