株式会社トムス・エンタテインメント、株式会社ギャンビット、株式会社スペースシャワーネットワーク、ダブル・フィールド株式会社の4社は、アニメの主題歌・劇伴音楽制作を中心とした“アニソン”ビジネスおよび、アーティスト関連事業を展開する多機能型エンタテインメント会社「株式会社アルテメイト」(以下アルテメイト)を7日設立した。

【関連:TAFとACE、東京都を外した完全民間主導の「AnimeJapan 2014」開催へ】


アルテメイトは、「ルパン三世」「それいけ!アンパンマン」「名探偵コナン」をはじめ多数のTVアニメーションシリーズと劇場映画を制作しているトムスと、CM、劇場映画、TVドラマにおける異色なキャスティング、タイアップをはじめとしたプロモーション事業と独自なコンテンツ・プロデュースで知られるギャンビット、日本最大の音楽専門チャンネル「スペースシャワーTV」ほかを運営、レーベル事業、ライツ事業、マネジメント事業を展開するスペースシャワーネットワーク、さらに「ひぐらしのなく頃に」ほか多様なコンテンツ企画を手掛けるダブル・フィールドが、それぞれのビジネスノウハウを結集して、アジア市場を視野に入れた多機能型エンタテインメント創出を意図して設立した事業会社。

代表取締役社長はギャンビットの久保忠佳社長が兼任。出資金は5,000万。比率はトムス57%、ギャンビット22%、スペースシャワーネットワーク18%、フィールド株式会社3%。決算期は3月末日。