海や湖や川に関する画像やイラストを見ると、不安を感じてしまう「海洋恐怖症」。これをジオラマとして表現したクリエイターの投稿が、SNS上で話題を呼んでいます。

「できました。製作日数は50日。
今回のモチーフは、インドにある『階段井戸』と呼ばれる巨大な井戸。
画像ではお魚がちょっとまぶしいですが、動画ではちゃんと見えると思います。
内側の壁には、15個のろうそくが揺らいで光ります。
動画公開は3日後、これから必死の形相で編集したいと思います」

 そんなつぶやきとともに、たらそほびやさんが投稿したのは、別名「ヴァーヴ」とも呼ばれる「階段井戸」というインドにある建造物をモチーフにしたジオラマの写真。

 日本で「井戸」というと、一直線に掘った穴から、水をくみ上げる設備が一般的ですが、階段井戸は階段を何段も地下に掘り下げ、そこに溜まった水を汲み取るというもの。

 そのスケールは桁違いで、インドの雨季にはため池としても活用されるほど。一部の階段井戸は、今から1000年以上前に建造されたものもあり、「王妃の階段井戸」を意味するインド西部「ラーニー・キ・ヴァーヴ」に関しては世界遺産に登録されているなど、歴史的建造物の側面も有しています。

 たらそほびやさんは今回、「不渇の井戸と守護者のジオラマ」という題目で、先の階段井戸をモデルとしたジオラマを作成。

 そして、自身の作品におけるコンセプトでもある、冒頭の「海洋恐怖症」をも意識したジオラマにしています。ちなみになぜそれ(海洋恐怖症)をテーマにしているかというと、曰く「イラストや画像は、これまでにも多くあったんですが、立体物はほとんどなく、『これを模型で表現すると面白いのでは?』という着想です」とのこと。

 しかしながら、今回モデルにした「階段井戸」は、構造が複雑でさらに資料や見取り図といったものを発見できず、かなりの部分を自身の想像で作りあげることになりました。

 また、「インドの方からクレームが来るようだとまずいので」と、あくまで“ファンアート”としての立ち位置の作品。「一応の設定は、『インドのどこかにあり、その水は冷たく澄み、決して枯れず、また病を癒やし、疫病を遠ざける』みたいな感じですね」。

 今回の作品おいて、たらそほびやさんが特に苦労したのが、「井戸の構造」と「守護者(魚)のデザイン」について。

 井戸の構造については、先述の通り正確な資料を発見できず、自身が製作可能な範囲の構造を検索するのに2か月ほど要しています。

 魚の姿をした守護者に関しては、インドの神様の化身である「マツヤ」をイメージした、美しさと威厳さが組み合わされた畏怖感あるデザインに。

 いずれも一応の“原作”を有しているものの、たらそほびやさんの想像から生み出された今回の作品は、ほぼ「オリジナル」といってもよさそうな「現代アート」に仕上がっています。

 題材も含め、ワールドワイドな反響を得そうなジオラマですが、すでにたらそほびやさんの投稿には、海外から多くのコメントが寄せられています。その中に、インドの方がいるかはわかりませんが、「クレームが来ないように」というたらそほびやさんの不安は、ひとまず杞憂に終わっているようです。

 そんなたらそほびやさんですが、実は世界的に活躍されている人物。

 2018年に公開された映画「MEGザ・モンスター」のファンアート作品では、原作者であるスティーブ・オルテン氏からコメントが寄せられたり、アメリカのゲームメーカー「Unknown Worlds」からは、作品の製作依頼のオファーが届き、作品を2点製作されています。

 このため作品協力を行った、海洋サバイバルゲーム「Subnautica(サブノーティカ)」のファンの方から、「ゲームをクリアした皆様から、『エンドロールで出てくる謎の日本人はあなたか』というメッセージをたくさんいただきました(笑)」というエピソードもあったそうです。いやはや凄い。

 なお、たらそほびやさんは、Twitter以外にも様々なSNSにて作品を発表しています。特にYouTubeチャンネル「Thalasso hobbyer たらそほびや」は注目度が高く、現在の登録者数が約93万人。その登録者の9割が海外からだといいます。

 その「Thalasso hobbyer たらそほびや」でも、今回の「不渇の井戸と守護者のジオラマ」の製作風景の動画を公開中。「25時間におよぶ映像データを、わずか26分に凝縮しましたので、むだなシーンはいっさいございません。あっという間の26分間(願望)よろしければご覧くださいませ」と、たらそほびやさんはメッセージを送っています。

<記事化協力>
たらそほびやさん(Twitter:@THobbyer/Instagram:@thalassohobbyer)

(向山純平)