赤城乳業のアイスキャンディー「ガリガリ君」を削ってふわふわにできるカキ氷製造機「おかしなカキ氷 ガリガリ君」が株式会社タカラトミーアーツより復刻発売されます。ソーダ色とみかん色の全2色、各税込990円で3月25日より発売予定です。

 「おかしなカキ氷 ガリガリ君」は、赤城乳業より発売されているアイスキャンディー「ガリガリ君」を“回して削ってカキ氷にできる”商品です。

 10年前にタカラトミーアーツが企画し、赤城乳業とのコラボレーションによって実現したもので、2011年に発売され大ヒット。発売直後は完売する店舗が続出し、再生産やバリエーション商品などを経て累計50万個を販売しました。

 発売から10年を迎えた今年、家で過ごす「おうち時間」を応援するために復刻が決定。購入しやすいように価格を下げた上で、発売当初から定番として人気の「ソーダ色」と新色「みかん色」が発売されることになりました。

 「おかしなカキ氷 ガリガリ君」の使い方は簡単。袋から出した「ガリガリ君」を本体にセットし、ヘッドキャップをはめて左右に回すと、本体下部にあるプラスチックの刃が「ガリガリ君」を削り、押し出される形でカキ氷となってでてくる仕組み。

 使用後は本体を簡単に分解して洗うことができ、コンパクトに収納することが可能です。

 出来上がったカキ氷は空気を含んでいるためフワフワの食感で香りが良いのが特徴。「ガリガリ君」本来の味が生きているため、ソースなどをかける必要がなく、そのまま美味しく食べることができるそうです。

 ちなみに「ガリガリ君」は今年で誕生から40周年を迎える節目の年。それを記念した“お祝い特別バージョン”として「おかしなカキ氷 ガリガリ君」のクリアカラーを開発。「ガリガリ君」が削られている様子を外から眺めて楽しむことができるスケルトン仕様で、こちらの商品は5月に発売予定です。

(C)AKAGI×GARIPRO

情報提供:株式会社タカラトミーアーツ