円谷プロ50周年を記念して、東京フィルハーモニー交響楽団によるコンサートをが9月1日(日)に東京池袋の東京芸術劇場コンサートホールで開催される。

【関連:史上最高額52万5千円のウルトラマンフィギュア発売】


このコンサートでは、オーケストラと親和性の高いウルトラマンシリーズほか円谷プロ作品の楽曲を題材とし、フルオーケストラによる演奏でその世界観を表現される。

指揮者は、数多くのオーケストラを指揮し、映画『のだめカンタービレ 最終楽章』等では指揮指導を務めた角田鋼亮氏。
そして、音楽性の高さでも評判の『ウルトラセブン』の楽曲群で構成された「交響詩ウルトラセブン」の演奏では、「ウルトラ音楽の父」と称される作曲者・冬木透自身がタクトを握る。

MCはのつるの剛士さん他、ウルトラマンシリーズのメインキャストをはじめとした豪華出演者が参加を予定。

さらには、特撮に関する造詣が深く、「新世紀エヴァンゲリオン」シリーズほか多くのアニメ作品等を手掛けた監督・プロデューサー庵野秀明さんも特別ゲストとして出演を予定している。当日は同氏のリクエストに応え2曲が演奏される。

「ウルトラマン シンフォニーコンサート2013 with 東京フィルハーモニー交響楽団」は、9月1日(日)開催。昼の部は13時半開演、夜の部は18時開演になっている。

ウルトラマン シンフォニーコンサート2013 with 東京フィルハーモニー交響楽団オフィシャルWebサイト:http://m-78.jp/ultraman-symphony/