JR東日本は6日、2013年3月から秋田新幹線で走行開始する、新型高速新幹線車両「E6系」の名称を「スーパーこまち」に決定したと発表した。


【関連:廃止を控えた秋の空~標津線の名所をたずねて~】

 

名称及びロゴの由来は、秋田地方出身とされる小野小町。ロゴには小町をイメージした横顔と、小町の髪から繋がるゆるやかなラインが描かれている。

なお、今回発表された「E6系」は、最高速度300km/h。これにより、東京~秋田間の到達時分(下り列車)は、最速3時間45分(現行より5分短縮)に短縮される。

また、2013年度末からは最高速度320㎞/hでの運転も予定されている。