「うちの本棚」、今回は昨年亡くなられた和田慎二の初期の代表作『銀色の髪の亜里沙』をご紹介します。のちの『スケバン刑事』にもつながるミステリー少女漫画の傑作と言っていいでしょう。

和田慎二といえば『ピグマリオ』や『超少女明日香』といった代表作があるが、なんといってもテレビドラマ化もされた『スケバン刑事』で知られているだろう。


とはいえ『スケバン刑事』以前の和田の代表作といえば、この『銀色の髪の亜里沙』だったといって間違いはない。

13歳で、親友だと思っていた仲間の少女3人に洞窟につながる穴に落とされ殺されかけた主人公が、数年ののち地上に戻って復讐を遂げるという、ある意味少女漫画らしくないストーリーではあるのだけれど、わかりやすいセリフまわしと構成力で読みごたえのある作品に仕上げてある。元ネタは江戸川乱歩の『白髪鬼』やデュマの『モンテ・クリスト伯』あたりになるのだろうが、それを知っていたからといってこの作品がつまらなくなるということもない。

この当時「別冊マーガレット」では本作のような、恋愛もの以外の作品を掲載していたことが多かったような印象も強い。和田自身本作以外にもミステリー調の作品を多く描いていたし、河あきらも社会派的な作品を発表していた。結果的にこの流れは和田の作品としては『スケバン刑事』につながっていくのだが、少女漫画全体としては、数年後にブームとなる「乙女チック路線」によってミステリー調の作品は影を薄くしていく。小説と違って少女漫画からミステリーの女王と呼べるような作家が現れなかったのもその原因かもしれない。

亜里沙はその後『怪盗アマリリス』にも登場しているようだが、確認はしていない。また本作のタイトルは実にインパクトがあって魅力的なのだが、作品本編で銀色の髪があまり活かされていなかったような気がして少々残念な気もする(復讐に際して正体を隠すということ以外に)。

初出/別冊マーガレット(昭和48年4~5月号)
書誌/マーガレットコミックス(1973年11月20日初版発行)
集英社漫画文庫(1977年)
花とゆめコミックス

(文:猫目ユウ / http://suzukaze-ya.jimdo.com/