「うちの本棚」、今週も和田慎二の初期作品から『呪われた孤島』をご紹介いたします。作家として充実さをみせ始めた時期の読みごたえのあるサスペンス作品です。


日本海にあるとある島では、医者がいないことで島民が長年苦しんできていた。そしてついにその島に診療所を開くという女医がやってきた。島をあげての歓迎を受け、女医は仕事を始めるが、しだいにその本性を現し、ついには自分の欲望を満たすために邪魔な島民を毒グモを使って殺し始める。

主人公・曜子の父で島の網元でもある剛三もその犠牲者のひとりになってしまった。確かな証拠がないまま、それでも横暴な報酬を要求する女医に対抗するため、島民達は剛三の意志もあり、曜子を東京の医大へと送るのだった。

そして時は過ぎ、東京の医大で知り合った間久部という青年と共に、曜子は島に戻ってくるのだった。
『銀色の髪の亜里沙』同様の復讐劇と言っていいのが、この『呪われた孤島』だ。それにしてもこのタイトル、いささか仰々しすぎる気がしないでもない。タイトルだけから受けるイメージとしては秘境モノではないだろうか。また「呪い」といってもオカルト的なエピソードがあるわけでもなく、島の伝説が出てくる程度(この伝説に語られる八千代菊が物語の重要なカギではあるのだけれど)。

前編・後編として描かれた本作は、前編では女医が島にやってきて、曜子が島を脱出するまでを描き、後編では東京の医大での生活と女医への復讐が描かれていて、内容も構成も充実した作品になっている。

曜子と間久部のロマンスもあるにはあるが、ストーリー上はほとんど語られることはなく、ラストでふたりが婚約したことがセリフで触れられている程度。相変わらず少女漫画のお約束は無視している和田慎二である。

この時期『超少女明日香』の第一作も発表しているので、和田慎二の作家としての充実ぶりも感じられる作品といえるだろう。

初出/集英社・別冊マーガレット(昭和49年8月~9月号)
書誌/集英社・マーガレットコミックス(1975年3月20にち初版発行/怪盗アマリリス併録)
大都社・スターコミックス(1993年2月)

(文:猫目ユウ / http://suzukaze-ya.jimdo.com/