毎回ミリタリーな話題をお届けしている、「鉄砲蔵のミリタリー魂」。
今回は株式会社ベストメディアから2010年8月5日(木)に発売を予定している、PSP用ゲームソフト「俺たちのサバゲー」発売記念イベントが行きつけのサバゲーチームVillage1(ビレッジワン)にて行われると聞きつけ、また猟銃免許を持つアイドルタレント相原みぃさんも参加するという事で、早速趣味と取材を兼ねて行ってみることにしました。


いつもはサバイバルチームSEALsのVsイベントで、スタッフの車に乗せてもらう形で参加していましたが、今回はVillage1さんが千葉駅からのバス路線を見つけて紹介してくれていたので、あえて初めて自力で行ってみました。ちなみに乗車したのは千葉駅の9番バス停から御成台車庫バス停まで。

到着するとそこには、ラブホテル「ゆり」の看板が、まるでサバゲーフィールドの目印のごとく佇んで……と思ったら同じポールの下にVillage1の看板。

この「ゆり」というホテル、Village1さんの公式ホームページでも紹介されているホテルなのですが、お婆ちゃんが一人で経営するラブホテルとのこと。
場所柄Village1さんから近いこともあり、お婆ちゃんの好意で夜戦の際の宿舎などとして頻繁に利用させてもらっているそうです。地元経済に貢献しています。

さてイベントの話しに戻りますが、当日の朝はショボショボ雨模様。雨天中止もありえる野外のイベントということもあって、到着まで少し心配な気持ちでバスに揺られていた訳ですが……受付が始まる頃には気持ちが良いほどの快晴!というかいきなり強烈な猛暑!

持参した温度計は55℃まで計れますが、針が振りきる高温になったり40℃まで下がったり……いづれにせよ強烈な猛暑でした!
そんな陽気にも関わらず60名程の参加者が集合、異常なまでの猛暑もまったく堪えた様子もなく全員熱気ムンムン、フィールドを皆さん活発に走り回っていました。

突然の猛暑に参加者および出演者は少しうだり気味。
そこは流石フィールドマスター、つよピーさんの心遣いにより、バケツの氷水を設置が設置されました。皆が腕を浸して涼をとり、アイスキャンデーも全員に配給です!感謝感激!

ちなみに、このチームには仕出し弁当屋さんが入ってきており、朝に注文を出しておけば午後1時に届けられます。一つ500円+大盛り100円です。

当日は猛暑と梅雨の雨の影響もあってか、ブッシュが身長以上に伸び、重ねてパワーショベルで掘った塹壕も多数あるため、敵の姿も見えにくく、いかにも熱帯雨林のベトナム戦争映画。当日の僕のベトナム装備の服装となんとなくマッチしていました。それにしても蒸し暑い、しかしアツいゲームでした。

そんな猛暑の中、サバイバルゲームががひと段落したところで、タレント「相原みぃ」さんとのジャンケン大会が開始。相原さんとジャンケンをして豪華景品を争奪しようという内容。

ちなみに賞品の中にはなんと、東京マルイ製の最新型ブローバックハンドガンのハイキャパ5.1や次世代電動ガンのAKS74Uなどファンには嬉しい超豪華賞品も含まれていました。僕は全くのハズレでしたが、当たった人はかなり嬉しそう。ちょっと羨ましかったです。

さて、13時からはサバイバルゲーム続行組と「俺たちのサバゲーVs(バーサス)」イベント組に分かれてプレー。僕は相原みぃさんの美貌と「俺たちのサバゲーVs」をレポートしようと「俺サバ」組に参加。

実は当日、相原みぃさんに近づけない状態を想像して、あらかじめ50倍望遠機能付きのカメラを持ち込みましたが、当日の参加者の半分がサバイバルゲーム続行組に行ってしまったせいもあり、そこまでの混雑もなくイベントを楽しむことができました。

ふと気が付くとみぃちゃんとアームズマガジン付属サバゲーチーム、ゲリラリラのメンバー、合わせて6人くらいで黙々と「俺サバ」をプレー。

しばらく見物していると「俺サバ」製作会社、ベストメディアの方が「一緒にゲームやりたい人、集まってくださ~い」と募集してくださったので僕も参加してみることに。
この「俺たちのサバゲー」、通信機能対応で、当日は2人対2人でプレー。僕は光栄にもみぃちゃんと組ませていただけることに。
「俺サバ」内ではかなり頼りなかった僕ですが、みぃチャンは記念写真に快く応じてくれました。感謝です!そして愛用のホルスターにもサインを頂きました。
サインを頂いたホルスター、永久に愛用して行きます!

次は特撮モノなんかでよくあるガソリンの爆発効果2発ととその直後の爆薬2発です。
その前に、フィールドマスターのつよピーさんより「爆発の間は鼓膜を破らないように口を開けてアーとだらしなく声を出すような感じで」と防爆姿勢のレクチャー。
実際にバーンバーン!、バーンバーン!と来たら確かに鼓膜に少し衝撃がありました。口は開けていたんですが、一応防爆はできたみたい。

最後に、このチームの自販機コーナーに貼られた警察の貼り紙。なんとこのチーム、地主さんが警察関係者だそうで、ここでパワーオーバーの銃を発砲する事は正に警察署でその銃を発砲するも同然。
逆にそのおかげでこっそりパワーオーバーの銃が使われる心配のないフィールドでもあります。

このサバゲーチームの場合
★クーラー付き女子更衣室
★トイレ付き
★水質検査済みで飲める水(実際に飲んでみましたが、駅の自販機で買うおいしい水より冷たくて美味しい水でした。ここの水はお勧めです。)
★仕出し弁当サービス付き
なのでかなりお勧めです。

今回のサバイバルゲームは趣味とレポートを兼ねてではありましたが久しぶりに起伏の激しいフィールドでのサバイバルゲームの雰囲気を楽しめ、「俺たちのサバゲーVs(バーサス)」では相原みぃさんや製作会社ベストメディアのゲーム製作者の方と出会うことができ本当に楽しい時間を過ごすことができました。

また「俺サバ」内に登場する銃が東京マルイ製だけだったので、「他社の銃や今では製造中止になったり製造メーカーが倒産して販売されていない、往年の名銃も登場させてはどうか」「実際の第二次世界大戦に使われたナチスドイツ軍やアメリカ軍のコスチュームなど登場させてはどうか」など様々な提案も直接してみたりして……。

正直、今回サバイバルゲーム発のタレントさんやプレィステーションポータブルのソフト製作者とここまで和気藹々と会話でき、知り合えるとは思っていなかったので今回の取材を兼ねたサバイバルゲーム、僕のサバゲー人生の中でも大きな思い出の一つです。本当に楽しかった~。

▼「俺たちのサバゲー」公式ホームページ
http://oresaba.jp/vs/
▼相原みぃさん公式ブログ
http://ameblo.jp/love-shooting/
▼サバイバルチームVillage1(ビレッジワン)
http://www.village-one.org/

(文・写真:鉄砲蔵)