おたくま経済新聞

ネットでの話題を中心に、商品レビューや独自コラム、取材記事など幅広く配信中!

タグ:整形外科

  • 以前、モーラステープという湿布薬を正しく使わなかったために光線過敏症になったという話が話題になりましたが、実はロキソプロフェンテープ(ロキソニンテープ)も、使いすぎて胃に症状が出る事があります。中には、真っ黒な便が出たと思ったら胃に穴が開いていた、という使い過ぎの症例も。一度に何枚も体に貼るのは止めて、医師と相談して、用法用量を正しく使う事が肝心です。
  • 姿勢が悪いと首や肩の凝りから背中や腰痛が出てしまいます。ツイッターで整体師さんに教わったという方法がイラストで紹介されており、悪い姿勢の例と良い姿勢の例が描かれています。 悪い姿勢は、背筋が伸びておらず体が丸まっている状態。頭は体の8~10%の重さがあるので、悪い姿勢は首や肩から全身を痛めてしまいます。 良い姿勢にするように椅子にクッションを当てたり、足台を工夫するなどで体の姿勢が良くなり、痛みの原因を取り除くことができます。
  •  肥満は、筋肉量が伴っていないと内臓だけではなく膝や腰を痛める原因になります。重量級の力士が俊敏な動きで取り組みできるのも、筋肉が出来上がっているから。では、肥満のある一般人が膝や腰を傷めないようにするためには……?整形外科医が警鐘を鳴らしています。 …

編集部おすすめ

  1. 画像提供:メタぼーさん(@bor0417)
    Twitterユーザーのメタぼーさんの愛猫たぬきくんには、ある役目があります。それはご主人様のトレー…
  2. 画像提供:ししゃもさん(@0707_Shisyamo)
    ご主人の帰りをじっと座って待つ忠犬ハチ公のように、飼い主さんのお母さんの帰り(?)を扉の前でじっと待…
  3. 画像提供:トイプードルのココさん(@yuusakicoco1012)
    もう少し、あと少し……。柵の向こうにある靴下を取ろうと必死に手を伸ばしているのは、トイプードルのココ…
  4. 画像提供:もっぷらんどさん(@mopland46494)
    ロックバンド「氣志團」の綾小路翔さんを彷彿とさせるツッパリヘアーを披露したのは、ジャンガリアンハムス…
  5. 発射される迎撃ミサイル(Image:アメリカミサイル防衛局)
    アメリカミサイル防衛局(MDA)は、2021年9月12日に地上発射式の弾道弾迎撃ミサイルの試験を実施…
  6. イラスト:山口弘剛
    9月に入ってから、急に朝晩が涼しくなりました。夏のたまっていた疲れも出てくる頃なので、睡眠時間をしっ…
  7. 画像提供:柴犬いち 豆柴にじさん(@da_k55)
    柴犬のいちくんは人が大好きな、人懐っこい男の子。少し寂しがり屋なところもあるため、飼い主さんが帰って…
  8. 画像は西野亮廣さんInstagram(japanesehandsome)のスクリーンショットです。
    キングコングの西野亮廣さんが2021年9月8日にInstagramを更新。昨年に購入したとする旅客機…

提携メディア

ページ上部へ戻る