「ペプシ〈生〉」と「ペプシ〈生〉ゼロ」が6月22日に発売されることにあわせて、同日よりTwitterキャンペーン「#おつかれサマーウイカ」が開催されます。

 キャンペーンを盛り上げるのは、Web CMに出演中のファーストサマーウイカさんと、一発屋芸人で知られるジョイマンの2人。またWeb上では、3人のインタビューや即興ネタも公開されました。

 「生きかえるうまさ!」がキーワードとなっている商品のキャンペーンに、ファーストサマーウイカさんだけでなく、一発屋から“生きかえった”「再ブレイク芸人」のジョイマンさんが出演するとは……。失礼ではありますが、なかなかピッタリのキャスティング。

 キャンペーンでは、アタリが出たらファーストサマーウイカさんから「おめでと~!」の動画が届き、1000名に「ペプシ〈生〉」または「ペプシ〈生〉ゼロ」1ケース(24本入り)をプレゼント。

 ハズレが出たら、ジョイマン高木さんから「生きかえってごっめーん。まことにすいまメ~ン!」の動画が届くそうです。ちなみにハズレ動画は全部で8種類あり、高木さんがネタとは違う本格的なラップに挑戦するなど、いつもと違う姿も披露しています。

 アタリ&ハズレ動画の撮影当日は、お馴染みのステップで元気よくジョイマンの2人が登場。続いてファーストサマーウイカさんも合流すると、自分でも「3人目?」と疑ってしまうほど、3人の息は常にピッタリだったそうです。

 ジョイマン高木さんは撮影の途中、ステップが久しぶり過ぎたのか、監督に「合ってます?」と確認するシーンも……。

 また、ジョイマン高木さんにそっくりなスタッフが同じく長袖の白シャツを着て現場にいたため、ジョイマンさんのマネージャーが手元のカメラで撮影していると、「あれ、俺じゃないからさ。しっかり撮ってるけど」と高木さんがツッコミ。「(せっかく生きかえったのに)乗っ取られるかも……」と、少し心配な様子も見せていました。

 ファーストサマーウイカさんとジョイマンによるインタビューでは、最初にお互いの印象について語った3人。

 ジョイマン高木さんは、ファーストサマーウイカさんがまだアイドルをしていた頃、とあるイベントで会ったことがあるといい「アイドルいっぱいいるんですけど、一番ぐいぐい来る子でしたね。なんかパ~ンという感じがその時からあって」とコメント。なんと、その時に一緒にコントをしたんだそうで、ファーストサマーウイカさんもそのことを覚えていました。

 コントではファーストサマーウイカさんが秋元康さん役を、ジョイマン高木さんはセーラー服を着て女子高生の役をやったとのことで、ファーストサマーウイカさんは当時を振り返り「悪夢ですよね、もう」と笑っていました。

 一方のファーストサマーウイカさんは、ジョイマン高木さんのツイートが面白くてよく見ているとのこと。「最近ジョイマンみないな~」という人にジョイマン高木さんが「ここにいるよ~」とツイートしているところも見ているそうで、「エゴサの鬼なんだろうな」と印象を語っています。

 「たしかに、暇さえあればエゴサやってますね」と答えるジョイマン高木さん。ファーストサマーウイカさんが「これも、『おつかれサマーウイカ』というハッシュタグを付けて『ジョイマン高木、久しぶりに見た』みたいなの付けてツイートしたら絶対にコメントしに来てくれるんですか?」と聞くと、「全員にリプライやります」と即答していました。

 「#おつかれサマーウイカ」キャンペーンは、6月22日から7月5日まで開催。参加方法はペプシ公式Twitterアカウント(@pepsi_jpn)をフォローして、対象ツイートにある「#おつかれサマーウイカ」ボタンを押してツイートするだけ。当選結果はツイート後のオートリプライ(1日1回限定)ですぐに判明するとのことです。

情報提供:「ペプシ〈生〉」PR事務局

(佐藤圭亮)