自宅の壁掛け時計の時間がズレていたら、多くの人は電池が切れたのかな?と感じると思うのですが、Twitterユーザーのかめいけさんの自宅の時計は、意外な原因でズレていました。時計の時間がズレていた理由は、なんと愛猫の仕業だったのです。

 かめいけさんは5月25日、「最近家の時計がズレてる理由が判明した」とTwitterで報告。ツイートと共に投稿されていた動画には、時計の長針を器用に腕でちょこちょこ動かして遊んでいる愛猫ちゃまちゃんの後ろ姿が映っていました。かめいけさんの気持ちも知らずに、ちゃまちゃんは楽しそうに長針に夢中になっていますね。

 かめいけさんが時計の時間がズレていると気づいたのは、ツイートを投稿した日の朝で、10分くらいズレていたのだとか。そして夜、ベッドで動画を見ていたら、ちゃまちゃんが時計を触っているのを見て、時計がズレていた原因が判明。かめいけさんは慌てて動画を撮ったそうです。

 「スタンディングデスクを置いたら届いちゃいました」と語る、かめいけさん。最初は「まさか届くとは……」と驚いていたそうなのですが、可愛いので動画を撮って見守っていたとのことです。たしかに、この後ろ姿はいつまでも見ていられますね。

 ちなみに現在は時計の下に置いたスタンディングデスクが昇降式なので、ちゃまちゃんが届かない高さまで低くして問題は解決。ちゃまちゃんが時間をズラしている姿が見られないのは、少し残念な気もしますが仕方が無いですね。

 この投稿には4万件以上のリツイートと17万5000件を超えるいいねが付き、「時間がズレていても許しちゃう可愛さ」「時間をも操る猫ちゃん」「にゃんてこった!」など多くのリプライが寄せられ、動画を見た人たちも楽しんでいるようです。

<記事化協力>
かめいけさん(@kameike)

(佐藤圭亮)