「大好物を見て目をキラキラ、でも嫌いな物には不満顔」

 お子さんがいる家庭で比較的目にする食事風景ですが、どうやら猫の世界でも共通するようです。

 「ちゅーるの時 ダイエットフードの時」というタイトルをつけ、Twitterに投稿したのはかいつけさん。飼い猫であるラグドールのぷりくんの食事風景を写した2枚の写真も添えられていました。

 ぷりくんは「体重8.4キロ」というわがままボディ。しかしながら、その体を生かした特技をもっており、来客があった際には一目散に飛んで行っては、お腹をみせ「お触りし放題」の熱烈サービスを提供するという、その名も「かいつけ家の接待部長」。

 そんなぷりくん、動物病院に診察に行った際に、「太ましい」という指摘を受けてしまいました。ということで、かいつけさんはダイエットフードを購入し、それがぷりくんのごはんに。

 そのダイエットフードの匂いをかがせてみたのが、かいつけさんが投稿した2枚目の写真。「苦虫を嚙み潰したよう」とはまさにこのことばかりの不満顔。「接待部長」とかいつけさんに称された「ネアカキャット」なぷりくんの姿は皆無です。食べる前から色々と察してしまっていますね。

 これと正反対なのが1枚目の写真。多くの猫ちゃんたちに愛される「ちゅ~る」を目にしたときのぷりくんの姿。そこには、「接待部長姿」が容易に想像できそうな、お目目パッチリなハイテンション。どうやら、今か今かと待ちきれないようです。

 この投稿のリプライ(返信)欄には「表情が違う子みたい」「お顔が物語っていますね」「顔が違いすぎて笑えます」「実に分かりやすい!(笑)」など、ぷりくんの落差に多くのユーザーからコメントがよせられています。

 なお、かいつけさん宅には、ぷりくん以外にも、メインクーンのくうくんとロシアンブルーのかいしゃくんと暮らしています。

 3匹は猫種と体躯は違えど、いずれも生後2か月ごろのタイミングで、同時期にかいつけさん宅に迎え入られたため、本当の兄弟のように接しているとのこと。

 また、「小さいころから猫と共に暮らしています」という「生粋の猫好き」かいつけさんは、現在のお住まいは猫優先の間取りで設計しており、まさに「猫ファースト」な生活なんだそう。そんな中で、リラックスした状態の愛猫たちが見せる「素顔」を写真や動画で撮影し、Twitterに投稿しているとのことです。

<記事化協力>
かいつけさん(@KRAUSER_MKM1000)

(向山純平)