飼い主のちょっとしたスキをつき、自分の領土を広げていく猫。Twitterユーザーの雪猫さんも、リビングにサイドワゴンを設置したところ、スキをつかれて2匹の愛猫に占領されてしまい、困った事態に陥ってしまったようです……。

 「リビングのテーブルにサイドワゴン置いたら、早速入ってる!」というつぶやきをつけて写真を投稿した、雪猫さん。そこにはサイドワゴンの1段目と2段目に「何か問題でも?」と言っているかのような表情で、当然のようにくつろいでいるランちゃん(3歳/メス/ソマリ)とルンちゃん(3歳/メス/スコティッシュフォールド)の姿が写っていました。もう完全に2段ベッド状態ですね。

 元々このサイドワゴンは「リモコンや文具、ティッシュなどテーブルの上にあるごちゃごちゃした物や猫の餌、散らかっている猫のおもちゃをひとまとめにしようと思って置きました」とのこと。ところが、ランちゃんとルンちゃんが勝手に落ち着いてしまい、それを見た雪猫さんは大爆笑。しかし、その後「あ、物が置がけない……!」と思ったそうです。

 「結局、物は置かせてもらえず、今も2段ベットとして使われています」と語る雪猫さん。「今、もう1個ワゴンを買おうかと思っていますが、それも取られそうなので悩んでいるところです」と話していました。

 この投稿には、約3万5000件のいいねが付き、「かわいい。猫マンション」「ドヤ顔で入ってらっしゃる。最初から猫さま用だったかのような……」「このワゴン、猫のために作られたみたい」など、多くのコメントが寄せられています。

<記事化協力>
雪猫さん(@o84j5temAGMofmL)

(佐藤圭亮)