時々、変わった形の農作物が収穫されたというニュースを見かけることがありますが、ナス農家のエクレアさんは5月4日、珍しい形のナスが獲れたことをTwitterで報告。なんと、ナスが「グッ(good)」ポーズをしているように見えるのです!

 専業で千両ナスという品種を生産して、出荷をしているナス農家のエクレアさんは、5月4日の朝、出荷用のナスを収穫している時に見つけた、まるで「グッ」ポーズをしているようにも見えるナスの写真を投稿しました。

 すると、この投稿は約7万件のリツイートと、30万件以上のいいねが付き、「可愛いナスさん」「頑張れそうな気がする」「これは何か縁起が良さそう」など、多くのコメントが寄せられ、話題になっています。

 エクレアさんに話を聞いたところ、「こういったピョコっと腕(鼻とも言ったりいろいろな呼び方があると思います)が出ているナスは奇形果と言われています」と教えてくれました。しかし、「1本腕があるナスは度々見かけるのですが、2本もあるのは珍しいと思います。私は初めてみました」と話し、大変珍しいものなのだとか。

 そのためエクレアさんは、このナスを見つけた時、「ナスが『ヨッシャ!』とガッツポーズをしているように見えたので、思わず笑ってしまいました」と笑いながら振り返っていました。たしかに、収穫している時にこんな形のナスを見つけたら笑ってしまいますよね。

 ちなみに、コメント欄には「食べるのがもったいない」というコメントもありましたが、エクレアさんによると「夕食の麻婆茄子になりました」とのことで、「おいしかったです」と楽しそうに話してくれました。どうやら味の方も「good」だったようです。

<記事化協力>
工クレアさん(@e207m)

(佐藤圭亮)