犬は小さいものから大きなものまで、品種によってバラエティ豊かな体格が魅力のひとつ。小型犬の愛らしさも、大型犬の可愛さも同じように愛されています。

 しかし、遊ぶとなると大型犬の場合、その大きさと重さが思わぬ事態を招くことも。横になっていた飼い主さんの顔に、大型犬グレートピレニーズのお尻が迫る瞬間を捉えた画像がTwitterに投稿されました。

 グレートピレニーズの女の子、シュシュちゃんは2021年6月生まれ。飼い主さんご家族の愛情を受けてすくすく育ち、現在は「立ち上がると160cmくらいになります」と、おおらかな体格になりました。

大きく育ったシュシュちゃん(山奥暮らしのシュシュさん提供)

 まだまだ幼く、飼い主さんいわく「おてんばでわんぱく娘、そして甘えん坊です」というシュシュちゃん。現在は、お散歩やお出かけが大好きなんだそうです。

シュシュちゃん(山奥暮らしのシュシュさん提供)

 甘えん坊なシュシュちゃんは、大好きな飼い主さんによく甘えてくるとのこと。「基本的に甘えてくる時は膝の上に乗ろうとしてきます」ということなのですが、今回のツイートでは膝の上ではなく、間違えて寝転んでいる顔目掛けて腰を下ろしてしまいました。

 体重も40kgと、小学校の中学年くらいはあるシュシュちゃんが顔目かげて座り込んできたのですから、飼い主さんも文字通り面食らったそう。その時の様子をうかがうと「ものすごく重いです。そしてお尻ですので……」と苦笑するばかりです。

 当のシュシュちゃんは悪びれもせず「なんで騒いでるのかしら?」といった感じだったとか。背中に目はついていませんから、気配を感じて「甘えちゃおう」と座ったものの、場所の目算を誤ってしまったようですね。

 思いがけず、もふもふのアタックを受けてしまった飼い主さんは災難でしたが、シュシュちゃんに悪気があってしたことではないと知っています。ただし、シュシュちゃんも遊ぶ時は、少し周りに気を付けてくれると良いですね。

<記事化協力>
山奥暮らしのシュシュさん(@chouchou_the_g)

(咲村珠樹)