「どうせ国がやってることだから、手続き面倒なんでしょ?」

 私も、マンナンバーカードに対して、そういう印象を持ってました。みなさんも、そう思ってませんか?私の周りの人に聞いてみても、そういう人多いです。でも、実際やってみたら拍子抜けするほど簡単だった、というお話です。

 経済対策として国が新たに2万円分の「マイナポイント」を付与するというニュースも飛び込んできてますが、これもマイナンバーカードがなければ受け取れません。マイナンバーカードに発行には1か月ほどかかるので、今申し込んだらギリギリ年内間に合うかのタイミングです。

 2万円のポイント付与を受け取るなら年内に間に合うようマイナンバーカードを準備したいところ。まさにマイナンバーカードに申し込むなら今すぐ、です。

【おたくま経済新聞編集部より:執筆者についての説明】
本稿は、メールマガジンサービス「まぐまぐ」の開発・発案者で「メルマガの父」と呼ばれ、未来検索ブラジル元代表をつとめながらニュースサイト「ガジェット通信」の立ち上げ等をおこなった深水英一郎氏からの寄稿記事です。

■ 仕事の関係でマイナンバーカードを作る必要がでてきた

 私は普段、スタートアップのお手伝いなどをしているですが、たまたま今手伝っている企業の業務上、マイナンバーカードの電子証明書が必要になりました。

 「めんどくさいなー」と思ってこれまで放置していたマイナンバーカード(個人番号カード)の交付申請ですが、仕事で必要となっては仕方ありません。というわけで、しぶしぶ重い腰をあげて交付の申請をやってみることにしました。

 実際やってみると5分ほどで完了。スマホをお持ちならスマホでやるのをオススメします。

 以下、スマホを使った申請の手順を説明します。

■ 申請書は、みなさんの自宅に届いている

 個人番号カード(マイナンバーカード)の交付申請書は、すでにみなさんの自宅に封書で届いているはずです。

 封書の中には「個人番号カード交付申請書 兼 電子証明書発行/更新申請書」という申請書が入っているはずです。わからない場合にはマイナンバーカード総合サイトの「郵便による申請方法」のページで確認してください。見本および記入方法が紹介されています。

 ちなみに「郵便による申請方法」のページでは用紙を紛失した人向けに、申請書のダウンロードデータも配布しています。

▼マイナンバーカード総合サイト「郵便による申請方法」
https://www.kojinbango-card.go.jp/kofushinse-yubin/

■ まずはスマホで自分の写真を撮っておく

 申請を始める前に、スマホで自分の写真を撮っておくことをおすすめします。申請の途中で慌てて撮影するより、事前にじっくり自分の写真を撮っておいたほうが、いい写真が撮れます(たぶん……)。

 顔写真ですが、証明写真のような写真を撮ればOKです。基本的にはこのような写真だとサイトに説明があります。

・最近6か月以内に撮影
・正面、無帽、無背景のもの
・白黒の写真でも可

 詳しくはマイナンバーカード総合サイトの「顔写真のチェックポイント」を参照してください。

▼マイナンバーカード総合サイト「顔写真のチェックポイント」
https://www.kojinbango-card.go.jp/kofushinse-checkpoint/

■ スマホで申請がカンタン

 申請はスマホでやるのが簡単です。理由は、写真のアップロードが楽で、23桁の申請書IDの入力が不要になるからです。

 申請途中にメールチェックのプロセスもありますが、これもスマホがあれば簡単に済ませることができます。

 上記申請書の右下にQRコードがありますが、これは、ひとりずつ違うQRコードになっています。スマホでカメラを起動し、QRコードを写すとブラウザが立ち上がります。QRコード経由でスマホ申請をおこなうと、23桁の申請書IDが自動的に入力されます。手動で23桁のIDを入力する手間が省けるので、非常に楽です。

【STEP1 : 利用規約の確認】

 利用規約の確認です。チェックして確認ボタンを押します。

利用規約の確認

【STEP2:メールアドレス登録】

 氏名とメールアドレスを入力します。申請書IDは自動で入力されているので、手動入力の必要はありません。

メールアドレス登録

【STEP3:メールアドレス登録完了】

 先のステップで登録したメールアドレスに確認メールが飛びますので、メールを確認しましょう。個人番号カード交付申請書受付センターから申請専用URLにアクセスします。

メールアドレス登録完了

 このとき、他の端末から申請専用URLにアクセスした場合、さらに4桁の認証番号の入力を求められますので、メールをチェックして入力します。

他の端末で申請専用URLにアクセスした場合

【STEP4:顔写真登録】

 写真のアップロードです。オレンジ色の「アップロード」のボタンを押すと、写真の選択画面が表示されます。アップロードしたい写真を選んでください。その後「確認」ボタンを押します。

顔写真登録

 すると次に顔写真登録の確認画面が出てきます。チェックをして「登録」ボタンを押します。

顔写真登録の確認画面

【STEP5:申請情報登録】

 生年月日を入力します。「上記の申請内容に、誤りはありません」をチェックして、「確認」ボタンを押します。

申請情報登録

 次に登録内容の最終確認「申請情報登録確認」という画面が出てくるので、表示された内容を確認してページ下にある「登録」ボタンを押します。

申請情報登録確認

【STEP6:申請情報登録完了】

 これで申請完了です。後日、市区町村から交付通知書というハガキが届きます。このハガキに交付場所が書いてありますので、あとはマイナンバーカードを取りに行くだけです。

 ちなみにマイナンバーカードの受け取りは、混雑緩和のため自治体や窓口によって「原則予約制」や「予約推奨」だったり、逆に「予約なしでもOK」だったりと条件がことなります。届いたハガキに書かれる受け取り方法は、必ずチェックするようにしましょう。

■ 意外と簡単マイナンバーカード取得

 以上が、スマホを使ったマイナンバーカード取得の方法でした。

 主にきかれることって、これだけです。

・名前
・メアド
・顔写真
・生年月日

いやぁ、簡単ですね。

 私はかなり身構えて、封書が届いてもほったらかしにしていたのですが、こんなに簡単なんだったら早くやっときゃ良かったと思いました。反省。

 健康保険証の代わりとして使えたり、身分証明書になったり、コンビニで住民票がとれたり、さらには経済対策のマイナポイント付与があったり——使いみちが増えてきている今、マイナンバーカードを取っといて損はないと思います。

 というわけで、早速、マイナンバーカード交付申請の封書を開いてスマホでQRコードを読み込んでみましょう。

※記事中の画像はスマートフォン用版マイナンバーカード登録ページのスクリーンショットです。

(寄稿者・深水英一郎:https://twitter.com/fukamie