頭が高い、ひかえおろう……!という声が聞こえてきそうな猫の写真がTwitterに投稿され、話題となっています。掛け軸をバックに、床の間の飾り台にちょこんと座った猫さん。堂々とした雰囲気に、なんともいえない高貴さがにじみ出たその姿。いかにも「お猫様」といった感じです。

 まるでお殿様のような雰囲気で床の間に堂々と座っているのは、スコティッシュフォールドのポンくん。マイペースな、6歳になる男の子です。

 ある時、飼い主さんがふと気づくと、ポンくんは床の間に上がってウロウロと何かを物色中。何をしているのかな……と、飼い主さんは写真を撮りつつ、様子をうかがっていたのですが、ポンくんはおもむろに花瓶などを置く飾り台の上へ。

 よいしょ、という具合に上ったポンくんは、飾り台の上でちょこんと正面を向いて座りました。それが冒頭で説明した様子で、飼い主さんは「床の間の置物」という言葉を添えてツイートしています。姿勢良く座っているせいで、なんだかお殿様のようにも見えちゃいますね。

 飼い主さんによると、しばらくずっと同じ姿勢で座っていたそうなのですが、ポンくんはどのような心境だったのでしょうね……。何かを見ているようにも見えますが「特に何もなかった」そうで「人間には見えない何かを見ていたのかもしれません」と飼い主さん。

 床の間に座るポンくん、偉そうというよりは、初めからそうするのが当然というような馴染み方です。いったい何を思っていたのか……ひょっとしたら、前世は本当にお殿様だったのかもしれませんね。

<記事化協力>
Pon-kunさん(@ Pon_s_servant)

(咲村珠樹)