手のひらサイズにおさまる丸みのある体躯が、人気のひとつでもあるハムスター。それもあってか、くつろいでいる様子はSNSでもとりわけ話題になりますが、先日もとあるハムちゃんの投稿写真が、Twitterで大きな反響を呼んでいます。

 「モンスターボールに入る前から、入ってリラックスするまで」というつぶやきとともに、Twitterに写し出されていたのは、バイドジャンガリアンのくぅくん。

 穏やかでのんびり屋という性格のくぅくんですが、この日はどうやらリラックスタイムに入る模様。下がクリーム色、上が赤色に“つなぎ目”が黒色の毛糸で作られた毛糸玉に入ろうとしています。

 身体がすっぽり入るくらいの「ジャストフィット感」もあってか、くぅくんはこの毛糸玉がいたくお気に入りの様子。くつろぎながらおやつをムシャムシャ。

 しかしながらこの毛糸玉、よくよく見ていると、どこかで見たことあるようなデザイン。くぅくんの横で一緒に写し出されていた“密閉状態”のミニサイズの毛糸玉は、掴んで投げて「ポケモンゲットだぜ!」と思わず叫んでしまいそう。

 実はこの毛糸玉は、大人気ゲーム「ポケットモンスター」に登場する道具「モンスターボール」を模したデザイン。しかもこれは、くぅくんの飼い主で、今回この投稿をしたqeeさんが自作で作ったものなんです。

 qeeさんは、幼少のころからの「ポケモン世代」。また、「フォロワーの方にポケモン好きな方が多くいたのもあって」と、くぅくんの寝床用に実際に作ってみたんだそう。

 これには、筆者を含めた多くの「ポケモン世代」が思わず反応。リプライ欄(返信)には、「このポケモンはどこで会えるのかしら」「見たことないポケモンですね。これはオーキド博士に連絡した方がいいですよ」「絶対バトルしなそうでかわいいです」「モンスターボールの中ってこんな感じなのかぁ…的な感じですかね」などといった声が。また海外のポケモンユーザーらしき方も反応し、2万を超えるいいねが寄せられました。

 それにしても、本当のポケモンかと思うような違和感のなさ。「ハムスターはどこかピカチュウに似ているなと思ってツイートしたんです」と、投稿理由を語ってくれたqeeさんですが、これには“同世代”の筆者も思わず納得。まさにハムチュウ、げんきでちゅう!

<記事化協力>
qeeさん(@qee_913)

(向山純平)