株式会社ベクターは、同社が運営するオンラインゲームとブラウザゲームのうち7タイトルをサービス終了すると発表した。同一企業によりここまでまとまった数のサービス終了発表は業界全体であまり例がない。

なお、2012年3月30日にサービス終了するのは、「FULL METAL RIDE」「DEMONS CODE」「ブラウザ原人」「三国志牧場」「無敵!料理王」の5タイトル。「レインボーアーチ ~童話王国~」は4月20日。ポイント販売は1月24日をもって既に終了している。


その他、「ドラゴンクルセイド」については、ゲーム開発元との契約満了のため4月20日にサービス終了すると発表。

今回の7タイトル終了発表に関連し、同社は3月期の営業収益予測を92%下方修正した。原因については、大型タイトル以外の収益減と、大型タイトルでの不正利用が多発し、その対策に遅れが生じた結果、当初予定していた集客数に至らなかったことを上げている。

他には台湾・Chinesegamer International Corp.のオンラインゲーム「黄易群侠伝2」(※邦題未定)の日本独占配信契約締結と、中国・Guangzhou FeiYin Information Technology Co., Ltd.のブラウザゲーム「英雄王座」(※邦題未定)の日本独占配信契約締結も発表している。
「黄易群侠伝2」は2012年夏サービスに、「英雄王座」は2012年春のサービス開始をめざし今後それぞれ準備が進められる。

(文:宮崎美和子)
※一部日付に誤りがありました。訂正して掲載しております。