子育て中のパパママなら誰もが一度は考えるであろう「子どもからの呼び名問題」。おそらく多くの家庭が「ママ(パパ)」派、もしくは「お母さん(お父さん)」派のどちらかに属していると思いますが、2児の母であるおいもさん(@oimotte)が投稿した「呼び名」がななめ上過ぎると話題です。

元々は「お母さん」と呼ばせたい派なので子どもたちに対しての一人称を「お母さん」にしてたけど、同級生など外部の影響で一筋縄ではいかないのでもう好きに呼ばせてる。いま娘は私をマーミーと呼ぶし、息子は私をアブソリュートタルタロスと呼ぶ。

 思わず「どうしてそうなった」とツッコミを入れたくなる気持ち、良く分かります。

 「マーミー」はまだ「ママ」から派生したものと理解できますが、「アブソリュートタルタロス」は一体なぜなのか……。ちなみに「アブソリュートタルタロス」は「ウルトラギャラクシーファイト 大いなる陰謀」に登場する敵役のキャラクター。謎は深まる一方です。

 おいもさんのお子さんは小学校高学年の娘さんと低学年の息子さんの2人姉弟。娘さんが小学校に上がる頃までは「お母さん」と呼んでいたそうですが、ある日を境に「ママ」に変化し、3年生ごろから今の「マーミー」呼びに落ち着いたのだそう。

 息子さんもそれに追随するように一時は「ママ」呼びだったそうですが、同じ呼び方をするのが退屈で不定期にコロコロ変わるのだそう。

 ちなみに息子さんからの呼び名は過去にも「雨入り四光」「ラジエーションハウス」「ロマンスグレー」などといった個性的なものばかり。一体どこで覚えてきたのでしょうか……。意味よりも音の響きで決めてるっぽい、とのことですが、それにしてもこの言葉選びのセンスには脱帽です。

 投稿には14万件もの「いいね」が付いており、返信欄には「アブソリュートタルタロス」へのツッコミの他、「私は○○と呼ばれています……」と各家庭のちょっと変わった呼び名が次々投稿され、大きな賑わいを見せています。

 これまで「アブソリュートタルタロス」を知らなかったというおいもさんは、寄せられたコメントを見て「相当強い悪役」だという事を初めて知り、気持ちが複雑すぎて笑ってしまったとのこと。

 ウルトラマン陣営にとって脅威の存在である「アブソリュートタルタロス」ですが、ファンの間では時折ネタキャラとして扱われることも。息子さん自身にとって絶対的でありながら、面白い存在でもある……そんな意味も込められているのかもしれません。

<記事化協力>
おいもさん(@oimotte)

(山口弘剛)