おたくま経済新聞

ネットでの話題を中心に、商品レビューや独自コラム、取材記事など幅広く配信中!

最近の人気記事

トルクセンサー市場ータイプ別(回転トルクセンサーと反応トルクセンサー)、アプリケーション別(テストと測定、自動車、産業、航空宇宙と防衛)、テクノロジー別、および地域別ーグローバル予測2030年

update:
SDKI Inc.
SDKI Inc.が「トルクセンサー市場ーグローバル予測2030年」の新調査レポートを2021年09月27日に発刊しました。レポートは、業界の新ビジネスチャンスとともに、市場とその成長見通しの完全な評価を提供します。さらに、2022ー2030年の予測期間中の市場規模と年間成長率が含まれています。

レポートのサンプルURL
https://www.sdki.jp/sample-request-61674



トルクセンサー市場は、2022年に118.1億米ドルの市場価値から、2030年までに201.1億米ドルに達すると推定され、2022-2030年の予測期間中に7.9%のCAGRで成長すると予想されています。

[画像: https://prtimes.jp/i/72515/1209/resize/d72515-1209-719d09599534fa03ea90-1.png ]

調査レポートの詳細内容について
https://www.sdki.jp/reports/torque-sensor-market/61674

トルクセンサー市場の成長は、主に、高度な高性能車の需要の増加、トルク測定の重要性の高まり、と電動パワーステアリング(EPS)システムのトルクセンサーの需要の増加などの要因に起因する可能性があります。ハイブリッド車や電気自動車のエンジン、医療用補綴物など、さまざまな分野でトルク測定の重要性に対する意識が高まっています。また、光トルクセンサー、弾性表面波(SAW)、磁気弾性などのワイヤレスおよび非接触トルクセンサーの開発も市場の成長に貢献しています。さらに、正確なトルク測定ソリューションの需要は目覚ましく高まっており、トルクセンサー市場の巨大な成長見通しを補完しています。しかし、ハイエンドアプリケーションで利用可能なトルクセンサーの低い信頼性は、トルクセンサー市場の成長はある程度制限される可能性があります。

トルクセンサー市場セグメント

トルクセンサー市場は、タイプ別(回転トルクセンサーと反応トルクセンサー)、アプリケーション別(テストと測定、自動車、産業、航空宇宙と防衛、その他)、テクノロジー別(ひずみゲージ、弾性表面波(SAW)、光学、磁気弾性)、および地域別に分割されます。これらのセグメントは、さまざまな要因に基づいてさらにサブセグメント化され、各セグメントおよびサブセグメントの複合年間成長率、評価期間の市場価値およびボリュームなど、市場に関するいくつかの追加情報で構成されます。

回転トルクセンサーセグメントは、予測期間中にトルクセンサー市場で最高の成長を記録すると予想されます。

タイプに基づいて、回転トルクセンサーセグメントは予測期間中に最大のCAGRで成長すると予想されます。トルクの測定と監視は、高品質で最適なパフォーマンスを実現するために、ほとんどすべての回転部品、機器、および機械で重要なパラメータです。これらの要因により、自動車および産業用アプリケーションでの回転トルクセンサーの採用が促進されることが期待されます。

アプリケーションに基づいて、自動車セグメントは、予測期間中にトルクセンサー市場に最大のシェアを保持すると予想されます。

トルクセンサーは、自動車のリアルタイムトルク測定、エンジン性能測定、エンジン改善、トランスミッション、シャーシ性能、およびドライブラインに適用されます。さらに、高性能商用車には、エンジンのキャリブレーション、安全性、および伝達のためのトルクセンサーも必要です。最近、F1のトップチームがレーシングアプリケーションで磁気弾性トルクセンサーの使用を開始しました。したがって、自動車用途における正確で正確なトルク測定に対する需要の増加は、このセグメントの成長を促進すると予想されます。

トルクセンサー市場の地域概要

さらに、レポートは北アメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋、ラテンアメリカ、中東&アフリカなどに分割されている、世界のすべての地域をカバーしています。アジア太平洋地域のトルクセンサー市場は、予測期間中に最大の成長を記録すると予想されます。アジア太平洋地域は、中国や日本などの技術的に強い国が存在するため、経済的に成長している地域です。アジア太平洋地域での軽自動車製造の継続的な増加は、この地域のトルクセンサー市場の成長に大きく貢献しています。世界最大の家電企業のいくつかは、中国、日本、台湾に製造拠点を持っています。さらに、急速に成長している経済である中国、インドなどには、多数のプロセス産業があります。これらの要因は、今後数年間でアジア太平洋地域のトルクセンサー市場の成長を促進すると予測されています。

さらに詳細な分析のために、各地域はさらに国に分割されます:

アジア太平洋(中国、インド、日本、韓国、インドネシア、マレーシア、オーストラリア、ニュージーランド、シンガポール、その他のアジア太平洋)
北米(米国およびカナダ)
中東およびアフリカ(イスラエル、GCC [サウジアラビア、アラブ首長国連邦、バーレーン、クウェート、カタール、オマーン]、北アフリカ、南アフリカ、その他の中東およびアフリカ)
ラテンアメリカ(ブラジル、メキシコ、アルゼンチン、その他のラテンアメリカ)
ヨーロッパ(英国、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、ハンガリー、ベルギー、オランダ、ルクセンブルグ、NORDIC、ポーランド、トルコ、ロシア、その他のヨーロッパ)

トルクセンサー市場の主要なキープレーヤー

トルクセンサー市場の主要なキープレーヤーには、ABB(スイス)、Crane electronics(英国)、FUTEK Advanced Sensor Technology(米国)、Applied Measurements(英国)、Honeywell International(米国)、Kistler Holding(スイス)、Sensor Technology(英国)、Hottinger Baldwin Messtechnik(ドイツ)、 Norbar Torque Tools(英国)、Infineon Technologies(ドイツ)などがあります。この調査には、トルクセンサー市場におけるこれらの主要企業の詳細な競合分析、企業プロファイル、最近の動向、および主要な市場戦略が含まれています。

レポートのサンプルURL
https://www.sdki.jp/sample-request-61674

SDKI Inc.会社概要
SDKI Inc.の目標は、日本、中国、米国、カナダ、英国、ドイツなど、さまざまな国の市場シナリオを明らかにすることです。また、リサーチアナリストやコンサルタントの多様なネットワークを通じて、成長指標、課題、トレンド、競争環境など、信頼性の高いリサーチインサイトを世界中のクライアントに提供することに重点を置いています。SDKIは、30か国以上で信頼と顧客基盤を獲得しており、他の手つかずの経済圏での足場を拡大することにさらに注力しています。

最近の企業リリース

トピックス

  1. 画像提供:あずにょろさん(@azuo0607)

    魔女鍋?美味しく出来たと思った水炊きが青紫色に

    青紫色に染まったお鍋の写真がTwitter上をざわつかせています。「魔女鍋」「ハロウィンにピッタリ」…
  2. モフッとぼたんくんに顔をうずめて羽繕いするくろおくん(Kathy@oriental riverさん提供)

    もっふもふぅ!羽毛に顔をうずめて羽繕いする仲良し文鳥

    小鳥はきれい好きなのか、羽繕いを日課にしています。自分だけでする場合もありますが、2羽が互いにしてあ…
  3. 談笑するドイツのゲアハルツ空軍総監とイスラエルのノルキン少将(画像:イスラエル空軍)

    ドイツ空軍制服組トップ 共同訓練に合わせイスラエルを訪問

    ドイツ空軍の制服組トップにあたる空軍総監、インゴ・ゲアハルツ中将が2021年10月17日、多国間共同…

編集部おすすめ

  1. 枝を抱えて眠るひじきくんと寄り添って眠るしろみちゃん(しらすさん提供)
    幸せな寝顔は、見ているだけで心がほっこりするもの。それは人間だけでなく、動物だって同じです。遊び疲れ…
  2. カプセルトイ「コックピットトグルスイッチ(全6種:税込200円)」
    メカのコックピットにつきもののトグルスイッチ。パイロット気分で操作したいけれど、そうそう気軽に触れな…
  3. 画像提供:ロイとメイさん(@roy_and_may)
    まだ生まれて6か月のマンチカンのメイちゃん。普段は甘えん坊で、とても寂しがり屋な性格。しかし、おもち…
  4. 「進撃の巨人」10巻が行方不明と嘆くJAMSTEC公式Twitter(スクリーンショット)
    北極海での海洋観測航海を行っている、海洋研究開発機構(JAMSTEC)の海洋地球研究船「みらい」。T…
  5. DMに来た「イエメンに派遣されている国連軍の女性兵士(自称)」とやりとりしてみた
    ミリタリーに関心があり、各国の軍の動きやニュースをSNSで追いかけている人も少なくないでしょう。中に…

新着記事

  1. 「ねえそれおいしいの?」煮干しラーメンが気になる猫ちゃんの圧が凄い
  2. 言われればもうメタルギアREXにしか見えません。
  3. 社長のおごり自販機
  4. 画像提供:あずにょろさん(@azuo0607)
  5. 画像はクロちゃん公式Twitterのスクリーンショットです。
ページ上部へ戻る