おたくま経済新聞

ネットでの話題を中心に、商品レビューや独自コラム、取材記事など幅広く配信中!

最近の人気記事

越後薬草がアルビレックス新潟と、2022年シーズンの「トレーニングウェアパートナー契約(背中裾)」を新たに締結

update:
株式会社越後薬草
2021年の「オフィシャルクラブパートナー契約」から変更し、サポートを継続

健康食品や発酵食品、酒類を製造・販売する株式会社越後薬草(本社:新潟県上越市、代表取締役:塚田 和志、以下「越後薬草」)は、日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)で新潟県をホームタウンとするアルビレックス新潟(本社:新潟県新潟市、代表取締役社長:中野 幸夫、以下「アルビレックス新潟」)と、2022年シーズンの「トレーニングウェアパートナー契約(背中裾)」を新たに締結しました。
2021年の「オフィシャルクラブパートナー契約」に続き、2022年は「トレーニングウェアパートナー契約(背中裾)」を締結し、チーム強化の継続に寄与できるよう、引き続きサポートしてまいります。



[画像1: https://prtimes.jp/i/57255/16/resize/d57255-16-bd9064d5a206fa427f29-7.png ]



2021年シーズンの当社のサポート内容

当社は、1976年8月の創業以来お世話になっている地元・上越エリア、そして新潟県へ貢献したいという思いから、創業45周年を控えた今年5月に、アルビレックス新潟と「オフィシャルクラブパートナー契約」を初めて締結しました。締結以降は、デンカビッグスワンスタジアムでの試合開催時にアドボードをフィールドに掲示したり、6月26日に開催されたホームゲーム・水戸ホーリーホック戦で当社の人気商品・まいキムチ[※1]とコラボレーションした『アルビキムチ』を販売したりするなど、当社ならではのサポートを展開してまいりました。

[画像2: https://prtimes.jp/i/57255/16/resize/d57255-16-d2c8ff4101793a5da987-1.jpg ]

[画像3: https://prtimes.jp/i/57255/16/resize/d57255-16-84141eed30830bc0ca72-10.png ]

[画像4: https://prtimes.jp/i/57255/16/resize/d57255-16-86ad7c2638c984c883c7-3.png ]

[画像5: https://prtimes.jp/i/57255/16/resize/d57255-16-a7f18f0987a9df421f75-5.png ]

※1 まいキムチ
“うまいキムチ”、“毎日キムチ”、“Myキムチ”の意味が商品名に込められている当社の人気商品。新鮮な野菜と果物、魚介(イワシ、カツオ、オキアミ)をベースに、やや辛口で濃厚なが特長の一品です。塩漬けした国産の白菜と大根の水分を徹底的に絞ることで、水分と酸味の少ない野菜に餡がよく絡んだ本格的なキムチに仕上げています。さらに、自社製品である野草酵素を加え、キムチ単体の発酵だけでは出すことの難しかった、辛味の中に感じられる“奥行きのある甘さ”と“深みのあるコク”を実現しました。全て自社工場で製造している「まいキムチ」は、2013年10月の発売開始以来、多くのお客様からご支持いただいており、現在までに約74万食を売り上げています。



2022年シーズンにおける新契約

2022年シーズンは、アルビレックス新潟の戦いをもっと身近で、日々後押しすべく、「トレーニングウェアパートナー契約(背中裾)」を新たに締結しました。トレーニング時や試合当日のアップ時にトップチームが着用する公式トレーニングウェアの背中裾部分に、当社のコーポレートロゴが掲載されます。また、選手への健康管理サポート、上越エリアでの選手との交流活動を通した地域活性、コラボレーション商品の開発などにも、引き続き取り組んでまいります。


契約内容

・契約名称
トレーニングウェアパートナー契約(背中裾)※新規契約

・契約内容
2022年シーズンのトレーニング時や試合前のアップ時などにトップチームが着用するトレーニングウェアへの当社コーポレートロゴ(下記)の掲出
[画像6: https://prtimes.jp/i/57255/16/resize/d57255-16-622919377b9a38154325-8.png ]




越後薬草 代表取締役・塚田和志 コメント

今年5月に「アルビレックス新潟のオフィシャルクラブパートナーになる」という夢を叶え、チームへの貢献のため日々活動しています。当初は、主力商品である健康食品の提供を通じて選手の健康をサポートしたいという思いからパートナーになりました。しかし、サポーターの皆さんに当社の『まいキムチ』をご購入いただくというまったく予期せぬ形となり、大きなサポートをいただいている現状に大変感謝しております。『まいキムチ』の販売が好調を維持できているのも、ひとえにサポーターの皆さんのおかげです。ありがとうございます!

今後は『まいキムチ』だけでなく、“健康食品×アルビレックス新潟”という組み合わせの商品も考えておりますのでご期待ください。

選手の日々の活躍から刺激を受けている当社は、皆さんの応援に応え、アルビレックス新潟と共に更に上を目指したく、次への夢へ向けて2022年シーズンの「トレーニングウェアパートナー契約」を締結させていただきました。当社は、今後も皆さんと一緒にアルビレックス新潟を盛り上げ、明るくキラキラとした未来へ繋げていくために、型にとらわれない柔軟な発想で挑戦し続けます。

最後に、皆さんがアルビレックス新潟と関わっていく中で、一つでも多くの心震える瞬間に出会えることを願っております。
[画像7: https://prtimes.jp/i/57255/16/resize/d57255-16-7948c51e1ca0364d082d-4.png ]



株式会社越後薬草について

1976年(昭和51年)に新潟県糸魚川市で創業して以来、一貫して健康をテーマにした製品を開発し続けています(1980年に新潟県上越市に移転)。よもぎなどの自然界の野草の生命力や、乳酸菌、酵母菌、麹菌といった微生物の力を活用した健康食品や発酵食品を、数多く生み出してきました。2013年10月には、自社製品である野草酵素を加えた「まいキムチ」を発売。2020年2月には、商品の製造過程に発生するアルコールを活用した、県内初のクラフトジン「80GIN(ヤソジン)」やクラフトスピリッツ「80SPIRITS(ヤソスピリッツ)」、消毒用として使用が許可された高濃度アルコール「YASOアルコール70」を開発するなど、常に挑戦を続けています。今後も多くのお客様に喜んでいただけるよう、本物志向の商品開発に邁進します。

創業:1976年8月
資本金:1,000万円(2021年8月現在)
代表取締役:塚田 和志
本社住所:新潟県上越市小猿屋73番地
従業員数:45名(2021年8月現在)
事業内容:健康食品製造販売、キムチ製造販売、酒製造販売
Webサイト:https://echigoyakuso.co.jp
まいキムチ公式HP:https://echigo-mykimuchi.com/
まいキムチ公式Twitter:https://twitter.com/mykimuchi
Tel:025-544-3050 / Fax:025-544-3074

最近の企業リリース

トピックス

  1. 「ぽんせん」メーカーの<マルサ製菓がクラウドファンディング

    火災に見舞われた「ぽんせん」メーカー 復活に向けクラウドファンディング開始

    関西で古くから親しまれているお菓子に「ぽんせん」という、小麦粉生地のせんべいがあります。兵庫県朝来市…
  2. 画像提供:あずにょろさん(@azuo0607)

    魔女鍋?美味しく出来たと思った水炊きが青紫色に

    青紫色に染まったお鍋の写真がTwitter上をざわつかせています。「魔女鍋」「ハロウィンにピッタリ」…
  3. モフッとぼたんくんに顔をうずめて羽繕いするくろおくん(Kathy@oriental riverさん提供)

    もっふもふぅ!羽毛に顔をうずめて羽繕いする仲良し文鳥

    小鳥はきれい好きなのか、羽繕いを日課にしています。自分だけでする場合もありますが、2羽が互いにしてあ…

編集部おすすめ

  1. 枝を抱えて眠るひじきくんと寄り添って眠るしろみちゃん(しらすさん提供)
    幸せな寝顔は、見ているだけで心がほっこりするもの。それは人間だけでなく、動物だって同じです。遊び疲れ…
  2. カプセルトイ「コックピットトグルスイッチ(全6種:税込200円)」
    メカのコックピットにつきもののトグルスイッチ。パイロット気分で操作したいけれど、そうそう気軽に触れな…
  3. 画像提供:ロイとメイさん(@roy_and_may)
    まだ生まれて6か月のマンチカンのメイちゃん。普段は甘えん坊で、とても寂しがり屋な性格。しかし、おもち…
  4. 「進撃の巨人」10巻が行方不明と嘆くJAMSTEC公式Twitter(スクリーンショット)
    北極海での海洋観測航海を行っている、海洋研究開発機構(JAMSTEC)の海洋地球研究船「みらい」。T…
  5. DMに来た「イエメンに派遣されている国連軍の女性兵士(自称)」とやりとりしてみた
    ミリタリーに関心があり、各国の軍の動きやニュースをSNSで追いかけている人も少なくないでしょう。中に…

新着記事

  1. 「ぽんせん」メーカーの<マルサ製菓がクラウドファンディング
  2. 「ねえそれおいしいの?」煮干しラーメンが気になる猫ちゃんの圧が凄い
  3. 言われればもうメタルギアREXにしか見えません。
  4. 社長のおごり自販機
  5. 画像提供:あずにょろさん(@azuo0607)
ページ上部へ戻る