おたくま経済新聞

ネットでの話題を中心に、商品レビューや独自コラム、取材記事など幅広く配信中!

最近の人気記事

【一般販売開始】国内外クラウドファンディングで8,313万円超支援を達成したポケットサイズの「小さい長財布TIDY 2.0」が一般販売開始。

update:
Hallelujah Inc.
「小さい長財布」国内外で人気のTIDYが進化。長財布愛用者の理想を実現する

株式会社ハレルヤ(本社:大阪市南堀江、代表:西本晶彦)は、クラウドファンディングで累計8,313万円超支援を達成した「TIDY 2.0」”ポケットサイズで薄くて小さく、短い長財布”の一般販売を開始しました。



国内外クラウドファンディングにて総支援額8,313万円を達成したポケットサイズの「小さい長財布TIDY 2.0」が一般販売を開始しました。
販売開始から約3年経った「TIDY」をフルモデルチェンジし、キャッシュレス化とコンパクト化に対応したフルモデルチェンジバージョンが「TIDY 2.0」です。YouTubeの商品動画では、9万回再生を突破し話題を集めています。
[動画: https://www.youtube.com/watch?v=BG51D6c3jWQ ]

【動画URL】https://www.youtube.com/watch?v=BG51D6c3jWQ
今回カードを縦に並べることで横幅を約2.8cm縮小し、一万円札が折らずにちょうど収まる、ほぼ最小サイズに仕上げることに成功。また、紙幣が20枚、コイン20枚、カードが15枚と既存の長財布の容量を十分にカバー。
[画像1: https://prtimes.jp/i/41673/15/resize/d41673-15-712db6ad3525062478a7-0.jpg ]

さらに、便利なキーポケット3ヶ所や、スマホや通帳まで収納できるフリーポケットを配置。「TIDY 2.0」だけを持ってどこへでも行ける、そんなお財布となっています。

◆販売店舗:公式オンラインショップ、Amazon、楽天、Yahoo!などのECサイト(2022年5月30日以降順次)
【公式オンラインショップ製品ページ】https://www.hallelujah.jp/shopdetail/000000000994



国内外クラウドファンディング実績


[画像2: https://prtimes.jp/i/41673/15/resize/d41673-15-ac6f3513173b04564896-1.jpg ]

[画像3: https://prtimes.jp/i/41673/15/resize/d41673-15-bd444ae69ff57f891269-3.jpg ]

[画像4: https://prtimes.jp/i/41673/15/resize/d41673-15-b1c9b893521c9a952c19-2.jpg ]

◆国内クラウドファンディング
・第1回プロジェクト(2021年9月開始)
<MAKUAKE>
達成率 13,080%
支援者数:3,403名
支援金額:39,241,062円
【プロジェクトページ】https://www.makuake.com/project/tidy2/

・第2回プロジェクト(2022年2月開始)
<machi-ya>
達成率:9,442%
支援者数:2,278名
支援金額:28,328,938円
【プロジェクトページ】https://camp-fire.jp/projects/view/534062

◆海外クラウドファンディング
・第3回プロジェクト(2022年5月開始)
<嘖嘖zeczec>(台湾)
達成率:3,397%
支援者数 1,161名
支援金額:15,562,270円(1台湾ドル=4.58円)
【プロジェクトページ】https://www.zeczec.com/projects/tidy-20



メディア掲載実績


[画像5: https://prtimes.jp/i/41673/15/resize/d41673-15-0672b1619aa230b7bf02-4.jpg ]

【産経新聞記事】https://www.sankei.com/economy/news/211018/prl2110180587-n1.html



商品概要


[画像6: https://prtimes.jp/i/41673/15/resize/d41673-15-07ea53a389e037ea5f98-5.jpg ]

-ポケットサイズで薄くて小さく、短い長財布
開けば全てが見渡せて、整理整頓が圧倒的にしやすい。「TIDY」の収納性を持たせたままコンパクト化に成功。


長財布の収納力は抜群だが、大きくて、分厚い。そんな概念を覆すべく改良を繰り返し完成したお財布こそが、「TIDY 2.0」です。
■既存の長財布では少し、物足りすぎるようになってきた近頃。
■お札を折りたくないので長財布は使いたい。
■バッグがなくてもポケットにスッキリ収まるサイズ感。
そんな近年の「長財布派」の課題を徹底的に考え、再構築しました。

-これ一つでお出かけ出来る。
[画像7: https://prtimes.jp/i/41673/15/resize/d41673-15-b725fa0969b605f2a961-6.jpg ]

十分な現金収納とカード収納に加え、 スマホや通帳収納、キーケースまでも内蔵された内装。紙幣が20枚、コイン20枚、カードが15枚と既存の長財布の容量は十分にカバー。

さらに便利なキーポケット3ヶ所や、通帳まで収納できるフリーポケットを配置。TIDYだけ持ってどこへでも行ける。そんなお財布を目指しました。


最大の変更点は縦型に配置したカードポケット。全てのカードが同じ高さで見えるので視認性がよく、横並びの問題点であった、2段目、3段目のカードが取り出しにくいという問題も解消することが出来ました。

「TIDY 2.0」特長
[画像8: https://prtimes.jp/i/41673/15/resize/d41673-15-a24e7817be60afcac4f0-7.jpg ]

01. 大幅なサイズダウンに成功
02. ポケットにスッキリ収まるので安心
03. お札仕切りで仕分け収納
04. 小さくても大きく開く
05. 使い方に合わせて、自在に収納
06. 浅く、取り出しやすいコインポケット
07. ユニバーサルデザイン
08. エイジングも最大限楽しめる、「プルアップレザー」を使用

01. 大幅なサイズダウンに成功
[画像9: https://prtimes.jp/i/41673/15/resize/d41673-15-f1a5ff067d8cd89fc54c-8.jpg ]

[画像10: https://prtimes.jp/i/41673/15/resize/d41673-15-464ab77c0baac3426b1a-9.jpg ]

収納力を落とさず、全体のコンパクト化に成功。カードを縦に並べることで横幅を約2.8cm縮小。一万円札が折らずにちょうど収まる、ほぼ最小サイズに仕上げています。

内装の厚みを中央のコインポケットを境に左右対称で配置することで、全体に無駄な厚みが出ずスリムな長財布になっています。

02. ポケットにスッキリ収まるので安心
[画像11: https://prtimes.jp/i/41673/15/resize/d41673-15-24c64e8317900fae5207-10.jpg ]

後ろポケットから大きく飛び出してしまう長財布では、落としたり、防犯の面でも不安があります。

「TIDY 2.0」なら短く、薄いのでポケットに入れてもかさばりにくくスマートなまま。バッグが無い時でも持ちやすいので、今までよりも気軽に長財布を楽しんでいただけます。

03. お札仕切りで仕分け収納
[画像12: https://prtimes.jp/i/41673/15/resize/d41673-15-ab2282716d8f2d26e562-11.jpg ]

「お札仕切り」で直感的に取り出す紙幣の種類を選別することが可能です。同時に種類分け収納の役割があり、今財布にいくらぐらい入っているのかがすぐに分かります。

04. 小さくても大きく開く
[画像13: https://prtimes.jp/i/41673/15/resize/d41673-15-82726122bf2d9502bf6b-12.jpg ]

ファスナー下に1cm切り込みを入れて仕上げることで、全体のサイズがコンパクトながらも窮屈にならずにガバッと開きます。お札サイズギリギリで仕上げているにも関わらず、スムーズに取り出すことが出来ます。

05. 使い方に合わせて、自在に収納


[画像14: https://prtimes.jp/i/41673/15/resize/d41673-15-18fcf751df15b413da5f-13.jpg ]

通帳や現金をたくさん持ち歩かない場合はスマホをサイドポケットに収納することが可能です。

逆にまだまだ現金をたくさん持ち、レシートなども財布にたくさん入れたい場合はサイドポケットに仕分けて収納も可能です。スマホを収納する場合の容量は紙幣10枚、コイン15枚、カード10枚程度が目安です。


06. 浅く、取り出しやすいコインポケット
[画像15: https://prtimes.jp/i/41673/15/resize/d41673-15-c8e05f66c389fb4b5201-14.jpg ]

中央に配置されたコインポケットはファスナーが無いので財布を開けた瞬間にアクセスが可能です。片手でつまんで取りやすい、浅めの3.8cmの高さに設計されています。

また、マチをつける事で取り出す時は大きく開き、財布を閉じれば小銭がこぼれることはありません。

07. ユニバーサルデザイン


[画像16: https://prtimes.jp/i/41673/15/resize/d41673-15-26bd34892baff9284422-15.jpg ]

一般的に財布は「右利き用」に作られることがほとんどです。しかし私たちは、出来るだけ多くの方にとって使いやすいデザインを目指すべく、「左利き用」も製作しました。

財布を開けた時にコイン、紙幣がすぐ手元にあるのでレジ前でもたつくことなく支払いを完了させることができます。

そしてシンプルな外観に、持ちやすいコンパクトなサイズ感。老若男女問わずにお使いいただけるデザインです。
[画像17: https://prtimes.jp/i/41673/15/resize/d41673-15-73b5d33e9b2f061d082b-16.jpg ]


08. エイジングも最大限楽しめる、「プルアップレザー」を使用
[画像18: https://prtimes.jp/i/41673/15/resize/d41673-15-031a5868e099056e10b4-17.jpg ]

「プルアップレザー」とは?
主に革を鞣す際に、オイルをたっぷり含ませた革で、含んだオイルが移動することで色合いに変化が出る革のことです。

プル(Pull) アップ(Up) と、触り方によって内部のオイルが移動します。それによりエイジングがしやすい革に仕上がっています。

■商品仕様・カラー展開
[画像19: https://prtimes.jp/i/41673/15/resize/d41673-15-484ff51b6dcf239e7a4e-18.jpg ]

◆寸法:幅17.2cm x 高さ10.0cm x 厚み1.8cm
◆素材:プルアップレザー (牛革)
◆カラー:全7カラー(Choco / Camel / Black / Wine / Navy / Dark Green / Natural)
◆価格:13,333円(税込)
◆一般販売店舗:公式オンラインショップ、Amazon、楽天、Yahoo!などのECサイト(2022年5月30日以降順次)
【公式オンラインショップ製品ページ】https://www.hallelujah.jp/shopdetail/000000000994



クラウドファンディングプロジェクト詳細


◆国内クラウドファンディング
<MAKUAKE>
【プロジェクトページ】https://www.makuake.com/project/tidy2/
<machi-ya>
【プロジェクトページ】https://camp-fire.jp/projects/view/534062
◆海外クラウドファンディング
<嘖嘖zeczec>
【プロジェクトページ】https://www.zeczec.com/projects/tidy-20



Hallelujah Inc.代表取締役兼デザイナー。西本晶彦のプロフィール


大阪の堀江と姫路の自社工場で革製品のデザインから製造まで手掛けているメーカー。 これまでクラウドファンディングでは総額2億円以上調達。インターネット販売をメインに自社商品を展開。 百貨店、セレクトショップなどへの卸販売。

【代表兼デザイナー】 西本晶彦 1985年生まれ、大阪府出身。大阪体育大学卒業。 新卒で株式会社リクルート入社。ホットペッパー 企画営業を担当。 その後、バックパッカーで40カ国旅をし、国内外の様々なものづくりに触れ、 帰国後に2014年3月に合同会社ハレルヤ設立。



会社概要


会社名:株式会社ハレルヤ
所在地:大阪府大阪市西区南堀江1-11-1 三共四ツ橋ビル2F
代表取締役:西本晶彦
設立:2014年
URL:http://hallelujahinc.co.jp
事業内容:革製品の製造、卸売、小売



お客様からのお問い合わせ先


《カスタマーセンター》
TEL:06-7506-9603(平日9:00-17:00)
e-mail:info@hallelujah1.com

最近の企業リリース

トピックス

  1. 増田さんのデジタル陶芸作品(増田敏也さん提供)

    身近なものがピクセルアート化した焼き物に 増田敏也さんのデジタル陶芸

    まるでゲームの世界に迷い込んだような、ピクセルアート(ドット絵)化した公衆電話やスニーカー。これらは…
  2. 本物のセメントで作られたNゲージ鉄道模型のトンネル(飽き性モデラーさん提供)

    本物のセメントでトンネルを作成!こだわり光る信越本線のジオラマ

    世界をリアルに表現したジオラマ作品は、それが実際の風景か否かを問わず、細かいところまで見入ってしまう…
  3. 画像提供:天子さん(@totsu_ten)

    「餃子には特盛白米」が正義 白米LOVERの我が家の常識

    漫画に出てくるような山盛りのご飯。その奥にはこんがり焼き上がった美味しそうな餃子。この写真を投稿した…

編集部おすすめ

  1. 松屋が「海鮮ごろごろシーフードカレー」発売
    牛丼チェーンの「松屋」は、6月28日の午前10時から「海鮮ごろごろシーフードカレー」(税込880円)…
  2. 画像提供:mochi(oさん(@mochico251)
    趣味で身近な生き物の動画を撮影しているmochi(oさんは、急な坂が怖くて降りられないヒナのために、…
  3. ちいかわのナガノとサンリオがコラボ 「ねむいねフィギュア」発売
    「ちいかわ」の作者でイラストレーターのナガノさんとサンリオがコラボ。「ナガノ×サンリオキャラクターズ…
  4. 壁に取り付くおこめくん(しぴこめの記録さん提供)
    一般に、猫は高いところを好みます。このため、キャットタワーのないご家庭などでは、柱や障子をよじ登る光…
  5. 公園遊びには戦場並みのタフなスマホが必要というみのむしまろさんのツイート
    お子さんと外出し、公園で遊ぶのを楽しみにしている親御さんも多いと思います。基本的には公園に集まった子…

新着記事

  1. 増田さんのデジタル陶芸作品(増田敏也さん提供)
  2. 本物のセメントで作られたNゲージ鉄道模型のトンネル(飽き性モデラーさん提供)
  3. まるで本当の親子 先住猫と新入り猫のシンクログルーミング
  4. 初めての病院に緊張するハムさん 「オワタ……」な表情で硬直
  5. 松屋が「海鮮ごろごろシーフードカレー」発売
ページ上部へ戻る