おたくま経済新聞

ネットでの話題を中心に、商品レビューや独自コラム、取材記事など幅広く配信中!

最近の人気記事

「楽天カード」と「楽天ペイ(アプリ決済)」、マイナポイント第2弾「健康保険証としての利用申込み+公金受取口座の登録」におけるキャッシュレス決済事業者として「マイナポイント」申込受付を6月30日より開始

update:
楽天ペイメント株式会社
- 最大20,000円分の「楽天ポイント」を付与 -

 楽天カード株式会社(以下 「楽天カード」)と、楽天ペイメント株式会社(以下 「楽天ペイメント」)は、総務省が実施するマイナンバーカード取得者を対象としたポイント還元施策「マイナポイント事業」において、2020年9月1日(火)から2021年12月31日(金)にかけて行われた第1弾に続き、「マイナポイント第2弾」にもキャッシュレス決済事業者として参加しています。すでに開始しているマイナンバーカードを新規に取得した方への最大5,000円相当の付与に加えて、2022年6月30日(木)より健康保険証としての利用申込みおよび公金受取口座の登録をした利用者へのマイナポイント付与についても申込みの受付を開始予定です。



 これにより、「マイナポイント」の申込みで決済サービスに「楽天カード」もしくは「楽天ペイ(アプリ決済)」を選択した場合は、健康保険証としての利用申込みを行った方、公金受取口座の登録を行った方それぞれに、7,500円相当の「楽天ポイント」が付与され、第2弾として合計最大20,000円相当の「楽天ポイント」が付与されます。
 また、「楽天Edy」は2022年7月末からの申込受付開始を予定しています。これにより、楽天グループの3つの決済サービスから、お客様のライフスタイルにあったサービスを選択いただくことが可能になります。
[画像1: https://prtimes.jp/i/57042/183/resize/d57042-183-70bbbb604f2bde7b3e2e-0.png ]

[画像2: https://prtimes.jp/i/57042/183/resize/d57042-183-90bc2ccfd7164a6bbd69-1.png ]

 楽天カードと楽天ペイメントは、楽天グループの各サービスにおけるクロスユースの促進ならびにグループ内外におけるキャッシュレス決済の普及に向けて積極的に取り組んでいます。その結果、多くのお客様にご利用いただき、「楽天カード」の発行枚数は2,600万枚(2022年4月時点)を突破し、2021年度の年間クレジットショッピング取扱高は14兆円を超えました。日本のクレジットカード業界においてトップクラスのサービスを提供する企業となった現在も、楽天カードはスピードを緩めることなく成長を続けています。「楽天ペイ(アプリ決済)」は2021年度に実施されたJCSI(日本版顧客満足度指数)の調査(注)で使い続けたいQRコード決済No.1を獲得しており、親しみやすく、便利で、安心な決済サービスを提供しています。

 今後も、楽天カードと楽天ペイメントは本事業の参画を通じて、日本のキャッシュレス化やデジタル化をさらに後押しし、利用者にキャッシュレス決済のお得さや利便性をより一層感じていただけるよう努めてまいります。

(注)出典:2021年度JCSI(日本版顧客満足度指数)調査のQRコード決済業種(業種指数化対象企業6社)「ロイヤルティ」指標


■概要
[画像3: https://prtimes.jp/i/57042/183/resize/d57042-183-9baed30763d0fafc740f-2.jpg ]


■「マイナポイント事業」におけるキャッシュレス決済事業登録会社、登録サービス、および特設サイト
・楽天カード株式会社 「楽天カード」
https://www.rakuten-card.co.jp/cashless/mynumbercard-point/

・楽天ペイメント株式会社 「楽天ペイ(アプリ決済)」
https://pay.rakuten.co.jp/campaign/2020/mynumberpoint_detail/

・マイナポイントに関する詳細(総務省の公式サイト)
https://mynumbercard.point.soumu.go.jp/

【マイナポイントとは】 https://mynumbercard.point.soumu.go.jp/about/
「マイナポイント」は、キャッシュレス決済サービス(決済サービス)を提供するキャッシュレス決済事業者(決済事業者)を通じて付与されます。付与を受けるにあたっては、マイキープラットフォーム上で普段利用している決済サービス(1つ)の選択(マイナポイントの申込み)をすると、当該決済サービスの利用(チャージまたは購入)や健康保険証としての利用申込み、公金受取口座の登録で、買い物などに利用できるポイントなどが付与されます。「マイナポイント」は、これら決済事業者が付与するポイント等の総称です。

【楽天カード株式会社について】 https://www.rakuten-card.co.jp/
楽天カード株式会社は、2005年7月より「楽天カード」を発行しています。クレジットカードのサービスや機能を拡充し、金融サービスをより便利で使いやすく身近な存在にすることで、さらなる顧客満足度の向上を図っております。2021年度日本版顧客満足度指数調査 クレジットカード業種において、13年連続顧客満足度第1位を獲得し、発行枚数は2,600万枚を突破しています(2022年4月時点)。

【楽天ペイメント株式会社について】 https://payment.rakuten.co.jp/
楽天ペイメント株式会社は、楽天グループにおいて決済・マーケティング分野を中心としたサービスを展開する企業として2019年4月に設立されました。現在、「楽天ペイ(アプリ決済)」、「楽天ペイ(実店舗決済)」、「楽天ポイントカード」、「楽天Edy」、「楽天チェック」といったサービスを運営しています。お客様には親しみやすく便利で安全な決済サービスを、加盟店様には業種・業態に合わせた幅広い決済サービスと、データを活用したマーケティングプログラムを通じたビジネス支援を提供しています。

【楽天ペイ(アプリ決済)について】 https://pay.rakuten.co.jp/detail/
「楽天ペイ(アプリ決済)」は、「楽天カード」や「楽天銀行」口座を登録して、スマホアプリで簡単に支払いができるサービスです。本アプリひとつで、「楽天カード」、「楽天銀行」口座、「楽天ポイント」、「楽天キャッシュ」、「楽天Edy」、「Suica」による支払いが可能で(※)、「楽天ポイントカード」の機能も利用できます。

※「楽天Edy」、「Suica」は、「おサイフケータイ(R)」機能が搭載されたAndroid端末で利用可能です。
「おサイフケータイ」は株式会社NTTドコモの登録商標です。
Androidは Google LLC. の商標です。
                                                 以上

最近の企業リリース

トピックス

  1. 撮影:上村舞

    普段のレッスンから大荷物「バレエ女子荷物多すぎ問題」 歴21年の筆者がバッグの中身を大公開

    おそらく多くのバレエ女子に共感してもらえるであろう……「バレエ女子荷物多すぎ問題」。バレエ歴が長くな…
  2. 画像提供:みちノ@ウルトラ履修中さん(@mitino499)

    シン・ウルトラマンに毛糸の帽子 作ってくれたのは編み物趣味のおばあちゃん「こん人は赤が似合うね」

    「シン・ウルトラマンのフィギュアに毛糸の帽子?」写真を投稿したのは、Twitterユーザーのみちノさ…
  3. カミヤ・ハセさんの切り絵ボトルアート作品(カミヤ・ハセさん提供)

    ガラスの小宇宙に遊ぶ立体切り絵 カミヤ・ハセさんの切り絵ボトル

    美しく繊細な切り絵。それは平面だけでなく、立体的な作品も存在します。ガラスのボトルや風鈴と立体切り絵…

編集部おすすめ

  1. 「Open/Closedが一瞬で入れ替わるからくり看板」の模造品が横行 制作者の池田さんが呼び掛け「決して購入しないで」
    SNSで話題になった「Open/Closedが一瞬で入れ替わるからくり看板」、正式名称「HAGURU…
  2. やよい軒の夏の定番 宮崎名物「冷汁」が2022年も発売
    「やよい軒」で、2009年に発売されて以来、夏の人気商品となっているのが宮崎県の郷土料理「冷汁」。2…
  3. 画像提供:あんこさん(@cat_anko3)
    アメリカンショートヘアのあんこくんは小さい頃によく「だるまさんが転んだ」で遊んでいたそう。Twitt…
  4. 画像提供:ととまるはんみさん(@totomaru_hanmi)
    元保護猫のはんみちゃんは、小さい頃から飼い主さんに撫でられるのが大好き。大好きすぎて、飼い主さんが撫…
  5. 画像は武井壮さん公式Instagramのスクリーンショットです
    タレントの武井壮さんが、「笑っていいとも!」の最終回の台本を「大切な芸能界の思い出」として、Inst…

新着記事

  1. プリングルズ たまごサンド
  2. 買ったばかりのサッカーボールをガブリ!ものの数分で壊しちゃった柴ワンコ
  3. ボス カフェベースCM 3ショット
  4. 撮影:上村舞
  5. 「Open/Closedが一瞬で入れ替わるからくり看板」の模造品が横行 制作者の池田さんが呼び掛け「決して購入しないで」
ページ上部へ戻る