おたくま経済新聞

ネットでの話題を中心に、商品レビューや独自コラム、取材記事など幅広く配信中!

最近の人気記事

SX/DX企業株式会社kurokawa&co.が拠点拡大に合わせ、企業ロゴとウェブサイトリニューアル!会社表記もK.K.kurokawa&co.として新たに生まれ変わります。

update:
K.K.kurokawa&co.
デジタルマーケティングを中心とするSX/DXコンサルティング会社の株式会社kurokawa&co.(株式会社クロカワアンドシーオー 本社:神奈川県横浜市中区元町 代表取締役社長:黒川 朋也)は、事業拡大に伴い兵庫県神戸市、福岡県福岡市に拠点を拡大したことをご報告致します。
併せて、コーポレートロゴ、ウェブサイト(https://kurokawaandco.jp/)を刷新し、企業名の表記を“株式会社kurokawa&co.”から“K.K.kurokawa&co.”へと統一したことをご報告致します。
新しいコーポレートロゴ、ウェブサイト、そして新しいオフィスを含め、K.K.kurokawa&co.はまったく新しいイメージを皆様にお披露目致します。




新ロゴ: "kurokawaの想い・理念" を込めたデザインへロゴが飛躍。


[画像1: https://prtimes.jp/i/78508/2/resize/d78508-2-847927-14.jpg ]

[画像2: https://prtimes.jp/i/78508/2/resize/d78508-2-156383-15.jpg ]


新しいロゴは、旧来のシンプルなテキストロゴタイプから企業理念を体現するロゴデザインへと変化しました。
”株式(Kabushiki)””会社(Kaisha)”を表す「K.K.」は、日本独自の表記方法であり、そのK.K.を加えて日本企業の特徴を強調することで、”K.K.kurokawa&co.”として生まれ変わります。
略称は「K.K.k.」とし、“kurokawa”の“K”に対する印象を強めています。
新しいロゴタイプは、より強く、より大胆にkurokawaを表現し、“日本を代表する世界企業”とする自社の精神を表現しています。

シンボルマークである大文字の "K "には、虹をイメージした7色の虹色/レインボーカラーを用いており、色鮮やかでカラフルなカラーが目を引くデザインになっています。虹色はさまざまな想いや要素・文化、国や人種を表し、ドットは、デジタルのイメージを表現しています。
[画像3: https://prtimes.jp/i/78508/2/resize/d78508-2-913545-1.jpg ]


虹/レインボーのドットが集まり、”KUROKAWA”のブラックカラーへと変化し、ひとつのカタチを作り上げている様子は、さまざまな人や想いが集まり、リアルからデジタルへと変化して一つの世界を形成するK.K.kurokawa&co.を表現しています。

これは、新しいロゴの核となるコンセプトであり、我々のビジョン(世界観)でもあります。
K.K.kurokawa&co.は、さまざまな国、性別、文化、人種の人財がK.K.kurokawa&co.に集まり、その人たちの想いが集まってK.K.kurokawa&co.を形成していくとの想いがあるからです。


ウェブサイトリニューアル:“日本/JAPAN”を意識した『和』によるウェブサイトデザインへと刷新。


[画像4: https://prtimes.jp/i/78508/2/resize/d78508-2-446546-2.jpg ]

K.K.kurokawa&co.は、より多くのユーザーにデジタルによるデザインと表現を理解して頂きたく、ウェブサイトのリニューアルを行いました。
デザインは、日本/JAPANを意識したデザインと、コーポレートカラーのブラックを中心としたモノクロ表現で構成されています。
キービジュアルには、日本をイメージした「日の出」が登場します。
日の出は、”日本/JAPAN”を象徴するデザイン表現です。そして、日の出とともに始まるユーザーやクライアントの新しい日の始まりを意味しています。日の出が、全てを照らし夢や希望に満ちた様子を表現しています。
[画像5: https://prtimes.jp/i/78508/2/resize/d78508-2-642538-13.jpg ]

続いて、日本神話に登場する導きの神である“八咫烏(やたがらす)”が弊社のサービスへと導きます。
次に、日本の象徴である“桜”の花びらが舞い、コンテンツページへと誘います。このコンテンツページでは、デジタルに関するトレンド情報やマーケティング情報の記事を見ることができます。
サイトの下部には、K.K.kurokawa&co.の拠点である“横浜/YOKOHAMA”の風景が描かれ、横浜が起点となっていることを表現しました。
日本の象徴とK.K.kurokawa&co.のデザイン力が融合したページとなっております。



新拠点:関西と九州にも拠点を拡げ、全国展開に対応できる組織体制を構築。

kurokawa&co.は横浜を拠点に活動しておりましたが、事業規模拡大に伴い、活動拠点として兵庫県神戸市と福岡県福岡市に新たなオフィスを開設致します。
関東以外の関西や九州へと事業領域拡大と共に、クライアントとの距離を縮め、ビジネスを加速させて参ります。

[画像6: https://prtimes.jp/i/78508/2/resize/d78508-2-869421-5.jpg ]

神戸支社 / Branch of Kobe
〒651-0087
兵庫県神戸市中央区御幸通8-1-6

[画像7: https://prtimes.jp/i/78508/2/resize/d78508-2-313118-6.jpg ]

福岡支社 / Branch of Fukuoka
〒812-0012
福岡県福岡市博多区博多駅中央街8-1


プロモーション:デザイン刷新による、想い/OMOI・虹/NIJIカウントダウンプロジェクトを展開。

ウェブサイトのフルリニューアルに向け、K.K.kurokawa&co.のデザインを表現するメッセージ性の強いプロモーションを実施しました。
テーマは”虹/NIJIシリーズ”と”想い/OMOIシリーズ”の2つで展開しております。
メッセージは、”どんな人にも、どんなブランドにもストーリーがある”ことを表現しています。
話を聞き、理解し、創造性によって何かを解決・表現することは、K.K.kurokawa&co.が最も大切にしているプロセスです。ブランド、クライアント、パートナーの背後にあるストーリーを深く理解することは、ビジネスの関係において最高の始まりを齎らすと考えています。

虹/NIJIシリーズ

[画像8: https://prtimes.jp/i/78508/2/resize/d78508-2-757233-10.jpg ]

新プロモーションのひとつとして、新ロゴのアイデンティティであるレインボーカラーに因み、バナープロモーション「虹/NIJIシリーズ」を発表致します。7つの色はさまざまな要素を表しており、1つ1つの色には、それぞれK.K.kurokawa&co.の想いが込められています。

Kurokawa Red – 日    → 覇者、日本、情熱
Kurokawa Orange – 心   → 想い、人間力、魂
Kurokawa Yellow – 輝    → 平和、瞬間、希望
Kurokawa Green – 嶺    → 最高位、気高さ、自然
Kurokawa Blue – 藍   → 和、勝ち、本質
Kurokawa Skyblue – 天   → 天空、広大、未来
Kurokawa Purple – 皇    → 皇族、高貴、崇高


想い/OMOIシリーズ

[画像9: https://prtimes.jp/i/78508/2/resize/d78508-2-909574-8.jpg ]

「想い/OMOIシリーズ」は、K.K.kurokawa&co.に関する3つのテーマ(想い、夢、K.K.k.)に沿って、弊社メンバーが自分なりの想い/OMOIを言葉にしました。

「想い」は、K.K.kurokawa&co.では最も重要な言葉です。
K.K.kurokawa&co.は、すべての根源は想いであり、その想いがすべてを創造し、具現化していくのだと考えています。

「すべては想い」のブランドメッセージは、K.K.kurokawa&co.のブランドビジョンでもあります。


弊社について:“日本を代表する世界企業“を目指すSX/DX企業。

今回の活動は、弊社の事業領域であるデジタルの力をフル活用し、ビジネスの価値をさまざまなプラットフォームで表現し、ビジネス含め多くの方々にK.K.kurokawa&co.を知っていただくことを目的としています。
K.K.kurokawa&co.は、クライアントのデジタル領域の取組に対する課題抽出や取組方法を、コンサルティングによりワンストップにてご支援させて頂くのが特徴です。

強みは、

“デザインで大きく他社を差別化したクリエィティブ力”
“ウェブ戦略コンサルティングを強みとしたマーケティング力”

の2つの高い能力だと自負しております。

大手企業様からベンチャー企業様と幅広いお客様へ、集客からブランディングまでデジタルに関連したあらゆる面での戦略提案から運用、構築までをワンストップてご支援しており、ニッチプレーヤーとして多くの実績を収めております。
ビジネス戦略、デジタルマーケティングコンサルティングなどのマーケティング領域と、ブランディング、デザインなどのクリエイティブ領域の2つの領域を強みにソリューションをご提供しております。
引続きK.K.kurokawa&co.は、お客様にとって最高のソリューションパートナーを目指して参ります。

デジタルトランスフォーメーション(DX)による新規事業をスタートさせ、地方(日本)創生事業やマーケティングツール開発などのサービスローンチも近く控えております。

日本/世界に貢献するべく、日本の善き文化を表現するデジタルを世界に発信したいと日々邁進しております。

SHARE DIGITAL,
SHARE HAPPINESS.
-デジタルのチカラを人のために、世界のために。-

弊社のコンセプトを胸に、さらに活動領域を拡大して参ります。


会社概要

会社名:
K.K.kurokawa&co.(株式会社クロカワアンドシーオー)

所在地:
横浜本社 / K.K.kurokawa&co. Headquarter
〒231-0861
神奈川県横浜市中区元町4-168 BIZcomfort元町ビル
TEL:045-550-3369

神戸支社 / K.K.kurokawa&co. Branch of Kobe
〒651-0087
兵庫県神戸市中央区御幸通8-1-6
TEL:078-570-5779

福岡支社 / K.K.kurokawa&co. Branch of Fukuoka
〒812-0012
福岡県福岡市博多区博多駅中央街8-1
TEL:092-686-8748

創作拠点 / K.K.k CREATIVE M/C.BASE
〒231-0023
神奈川県横浜市中区山下町122-2 FRIENDS MOTOMACHI 503

設立:
令和元年9月6日

URL:
https://kurokawaandco.jp/

事業内容:
デジタルマーケティング事業、コンサルティング事業、クリエイティブ事業

最近の企業リリース

トピックス

  1. アメリカ太平洋艦隊司令官 航海中の空母ロナルド・レーガンを視察

    アメリカ海軍は2021年6月11日、太平洋艦隊司令官のサミュエル・パパロ大将が、フィリピン海を航行す…
  2. 若いうちにしか出来ない?「ラーメン」「白飯」「鶏の唐揚げ」の最強コンボ

    歳をとると出来ることが増える一方で、出来ないことも増えていきます。Twitterユーザーのあくおんさ…
  3. 「どうか捨てないで」お気に入りの段ボール箱を守りたい黒猫が無言のアピール

    猫は箱が大好きですが、その中でも“好み”というものがあるようで、特定の箱を「お気に入り」にしている場…

編集部おすすめ

  1. 6月5日~7月6日までの自宅からの吉方位まとめ。一白水星は南西、二黒土星は南西、三碧木星は東南、四緑…
  2. ドラマ「あのときキスしておけば」(テレビ朝日系列で毎週金曜日23時15分~放送)で、主演を務める俳優…
  3. 2021年5月8日に現在の飼い主さんに保護された、まだ生後1か月くらいの子猫おこめくん(名前は、まだ…
  4. ダウンタウンの浜ちゃんもビックリの鋭いツッコミを入れているのはキジトラ猫のクゥくん。しかも驚くべきは…
  5. ペットのためにしたことでも、当のペットに伝わらずに無駄になってしまうことは、飼い主にとって「あるある…

新着記事

ページ上部へ戻る