おたくま経済新聞

ネットでの話題を中心に、商品レビューや独自コラム、取材記事など幅広く配信中!

最近の人気記事

東日本大震災10年、東北農業の課題解決を目指して 福島県浪江町にて田植えを実施

update:
アイリスオーヤマ株式会社
アイリスオーヤマ株式会社(本社:宮城県仙台市、代表取締役社長:大山 晃弘)は、東日本大震災で甚大な被害を受けた東北農業の営農再開を目指す取組みの一環として、2021年5月15日(土)に従業員による田植えを実施しました。



アイリスオーヤマ株式会社(本社:宮城県仙台市、代表取締役社長:大山 晃弘)は、東日本大震災で甚大な被害を受けた東北農業の営農再開を目指す取組みの一つとして、2021年5月15日(土)に従業員による田植えを実施しました。

当社は、2011年3月に発生した東日本大震災で甚大な被害を受けた東北農業の復興支援を目的に精米事業に参入しました。福島県沿岸部(南相馬市、浪江町、双葉町)では、株式会社舞台ファーム(本社:仙台市若林区、代表取締役社長:針生 信夫氏)が営農再開ビジョンのフラッグシップとして稲の作付けに取り組んでおり、当グループはそこで生産された玄米を買取りパックごはんとして販売しています。

一方で、東北農業における課題は多く、特に原子力災害により深刻な被害を受けた福島県浜通り地域においては、農地のインフラ整備の遅れや担い手の不足、風評被害などによる米の販路縮小など多くの課題があります。そうした中で、当グループは、東日本大震災10年を迎えた今年以降も玄米の買取りを継続し、従業員が農地に出向いて農作業に触れることで、引き続き被災地域の課題解決と人材育成に貢献します。
[画像1: https://prtimes.jp/i/19955/407/resize/d19955-407-588763-0.jpg ]

▲田植え作業の様子
(左・アイリスオーヤマ代表取締役社長 大山晃弘)
[画像2: https://prtimes.jp/i/19955/407/resize/d19955-407-240337-1.jpg ]

▲田植え作業の様子

最近の企業リリース

トピックス

  1. オヤツを期待したのにシャンプー 怒りのあまり他人行儀になった猫

    「騙したな……」、そんな顔でこちらを見つめているのはスコティッシュホールドのコハクくん。ものすごい視…
  2. 炊飯器で「肉汁爆弾」 思いつきでハンバーグ種を入れた結果

    筆者は無類の肉好きですが、そんな肉好きの人たちが悶絶して喜びそうな「肉汁爆弾」の写真を、Twitte…
  3. にゃんこ分身の術?この時期ならではの「長毛種あるある」

    季節の変わり目……となると、ペットのいるご家庭では「換毛期」という言葉が返ってくるのではないかと思い…

編集部おすすめ

  1. 2021年5月8日に現在の飼い主さんに保護された、まだ生後1か月くらいの子猫おこめくん(名前は、まだ…
  2. ダウンタウンの浜ちゃんもビックリの鋭いツッコミを入れているのはキジトラ猫のクゥくん。しかも驚くべきは…
  3. ペットのためにしたことでも、当のペットに伝わらずに無駄になってしまうことは、飼い主にとって「あるある…
  4. 2021年5月にプロサッカークラブ「FC町田ゼルビア」とオフィシャルパートナー契約を結んだ浅田飴。そ…
  5. 誰にでも悩みはあるもの。そんな時は親友など誰かに相談したくなりますが、まるで何でも聞いてくれそうな雰…

新着記事

ページ上部へ戻る