おたくま経済新聞

ネットでの話題を中心に、商品レビューや独自コラム、取材記事など幅広く配信中!

最近の人気記事

NSP天野滋、最後のライブ映像作品「Maybe Tomorrow」(DVD)、パッケージ・オーダー・プロジェクト<POP>にて発売復活なるか?

update:
株式会社ポニーキャニオン


現在入手困難になっている、NSP天野滋、最後のライブ映像「Maybe Tomorrow」(DVD)が、5月5日、「パッケージ・オーダー・プロジェクト<POP>」にエントリーされ、発売決定に向け予約・注文の受付がスタート。
奇しくも本日(5月5日)は、今年十七回忌を迎える天野滋の誕生日であり、ファンの想いを“カタチ”にするべく動き出した記念すべき日となった。

[画像: https://prtimes.jp/i/31071/913/resize/d31071-913-507868-0.jpg ]


「Maybe Tomorrow」(DVD)は、NSPが復活して3年目にあたる2005年3月12日に東京・渋谷公会堂で行われたコンサートと、その前後のシーンを盛り込んだドキュメンタリー映像。すでに病魔に侵されていた天野の強い希望により開催されたコンサートで、「パッケージ・オーダー・プロジェクト<POP>」内で募っているリクエストにも、ファンのみなさんからの再販を望む声が多く届いていた作品だ。

ファンのみんなに元気な姿を届けたいーーそんな一心でステージに立った天野が観た景色はどんなものだったのか?そんな彼を支えるメンバー・中村貴之、平賀和人は、どんな想いで同コンサートに挑んだのか?3人にとっても、そしてファンにとっても忘れることのできない思い出の1日。今年、十七回忌を迎える天野の生前最後の勇姿を、共に闘った中村貴之、平賀和人が見せる3人の強い絆を、ぜひその目に焼き付けてほしい。

今回、そんな思い出の作品の復刻販売を目指すにあたり、メンバーの平賀和人が当時の心境と共に本作への想いをコメント動画で寄せてくれた。
https://youtu.be/nxEhJIaL5IU

「Maybe Tomorrow NSP Live & Document 2005」 (DVD)
https://pop.ponycanyon.co.jp/product/277/
冒頭の名曲「さようなら」で頬を濡らしながら声を振り絞る天野滋。既に病魔に体を蝕まれギリギリの状態でのステージであった。それをなるべく明るく支えていたメンバーの中村貴之、平賀和人の友情が滲む。公演後に吐露された天野滋のコメントが心に響く。演奏に加えリハーサルや打合せ風景もふんだんに収録された、天野最後の肉声を刻んだ2005年3月12日渋谷公会堂コンサートとそれにまつわるドキュメンタリー映像。(歌詞カードブックレット付)


NSP:1972年に突如現れ、青春の切ない気持ちをそれまでになかった新しい歌詞、メロディー、コーラスで表現した唯一無二のフォークグループ。
「夕暮れ時はさびしそう」をはじめ数々のヒット曲を世に送り出しアルバム総売上300万枚を越える実績を残しながらも1986年活動休止。
2002年リーダー天野滋の号令で復活を果たし、全国ツアーやアルバムリリースを実現しファンを歓喜させたが、2005年渋公コンサート数カ月後に天野が夭逝してしまった。

パッケージ・オーダー・プロジェクト<POP>(通称:ポップ) とは、ポニーキャニオン所蔵の音楽・映像ライブラリーの中から厳選した商品に対し、お客様からの“欲しい!”のオーダーを募り、復刻・商品化するプロジェクト。昨年11月のプレオープン直後から、松原みき「真夜中のドア~stay with me」(7インチシングル)、松田昌/大野雄二「Silent Dialogue」(UHQCD)など次々に商品化を実現し、4月5日にグランドオープン。今、音楽業界で注目を集めているWebサイトだ。

他にも、予約購入を募集中の商品や新たにエントリーされるタイトルが多数あるため、詳しくは<POP>のサイト(https://pop.ponycanyon.co.jp/)で、ご確認をいただきたい。
また、<POP>は予約購入の募集期間内に申込数が規定に到達した商品のみが発売決定となるシステムのため、今回の貴重な作品をぜひとも手に入れたいファンは早めに予約をされることをオススメする。

■商品概要/新規予約購入申込商品
アーティスト:NSP
タイトル:Maybe Tomorrow NSP Live & Document 2005
形態:DVD
価格:¥5,000 (税込)
収録曲:
・ 如月の詩
・ 水のせいだったんです
・ 粉雪のささやき
・ 碧き空は永遠に
・ 朝
・ BIRTHDAY
・ Radio days
・ フェアリーテールを探して
・ 北風が見ていた
・ どこまでも青く
・ 君と歩いてみたくて
・ 雪のララバイ
・ 17才の詩
・ かくれんぼ鬼は誰
・ 歌は世につれ

■予約申込受付サイト/パッケージ・オーダー・プロジェクト<POP>公式サイト
https://pop.ponycanyon.co.jp
「パッケージ・オーダー・プロジェクト<POP>」では、廃盤となり入手困難なタイトルを皆様のリクエストにより、復刻してお届けします!みなさまからのリクエストを心よりお待ちしております!

最近の企業リリース

トピックス

  1. あっ!小銭が! わさび醤油の小物入れにヒヤヒヤ

    「リアルで楽しいフェイクフードで幸せを」をコンセプトに、樹脂粘土でちょっと懐かしい居酒屋めしのフェイ…
  2. 「まだ食べてないんじゃないかな?」 すっとぼけ顔でおかわりアピールする猫

    来月(2021年6月)で3歳になる茶白のクウちゃんと茶トラのカイちゃんはご飯が大好き。そのため「もっ…
  3. アメリカ海軍太平洋艦隊司令官にパパロ大将就任 日本経験もある元トップガン

    アメリカ海軍太平洋艦隊の司令官に、前アメリカ中央軍海軍司令官のサミュエル・J・パパロ大将が就任したこ…

編集部おすすめ

  1. 今はスマホで会う約束をしたり、直接会わなくても簡単に連絡がとれる時代。でもそれがなかった頃は、一体ど…
  2. バリアフリーという言葉が聞かれるようになりしばらくたちますが、まだまだ当事者ではないと気付かない部分…
  3. 「蝶のように舞い、蜂のように刺す」、そんな言葉が似合いそうな雰囲気でファイティングポーズを取っている…
  4. ファミコン世代の方であれば、子供の頃一度は憧れたであろうファミコンソフトのコンプリート。延べ1053…
  5. 5月に入り、新社会人の皆さんも徐々にビジネスマナーを学びとっていることでしょう。新型コロナウイルス禍…

新着記事

ページ上部へ戻る