おたくま経済新聞

ネットでの話題を中心に、商品レビューや独自コラム、取材記事など幅広く配信中!

最近の人気記事

ナノロボティクス市場は2027年まで10.97%のCAGRで成長すると予想されます

update:
Report Ocean
2021年4月08日にREPORTOCEANが発行した新しいレポートによると、-ナノロボティクス市場は、2020年から2027年の予測期間にわたって、10.97%を超える健全な成長率で成長すると予想されています。



世界のナノロボティクス市場は2019年に約55.3億米ドルと評価され、2020年から2027年の予測期間にわたって10.97%を超える健全な成長率で成長すると予想されています。

[画像1: https://prtimes.jp/i/67400/1666/resize/d67400-1666-472572-0.jpg ]


レポートを購入する前に、無料のサンプルページをリクエストしてください:https://reportocean.com/industry-verticals/sample-request?report_id=bw1619

市場概況:

ナノロボティクスは、ナノメートル規模の部品を備えたロボットや機械を開発する技術です。ナノロボットは、主に分子成分からナノロボットを計画、設計、構築する工学分野で構成されています。新しい分野は、ナノスケールの分子機械を使用したドラッグデリバリーに焦点を当てた医療分野で魅力的なアプリケーションを持っています。また、ナノロボットは、バイオマーカーを使用して癌細胞の特定のカテゴリーを識別することができます。ボットは、標的細胞との接触で解きほぐし、癌細胞を殺す薬を放出します。医学での使用の増加と癌の有病率の増加は、市場の成長を促進します。 2020年1月、KING ABDULLAH UNIVERSITY OF SCIENCE&TECHNOLOGYの研究者は、外部磁場を使用して腫瘍の部位に誘導できる薬物被覆鉄ナノワイヤーを開発しました。その後、3段階の癌死滅メカニズムを活性化して癌を治療できます。また、2020年2月、ITMO大学の研究者たちは、癌細胞を破壊するだけでなく、体内でそれらを見つけることができるDNAフラグメントで作られたナノロボットによって癌を治療するという彼らの概念を発表しました。さらに、病気を治すためのナノボットを開発するための分野への投資の増加は、市場の成長を増大させます。また、小型化への需要の高まりとセクター間の自動化への高い需要が相まって、ナノロボティクスシステム市場全体を牽引しています。さらに、健康関連の問題の増大、自動化された医療機器のより高い受け入れ、およびナノロボティクスシステムの機能の進歩は、世界市場のより高い成長につながるでしょう。ただし、高い製造コストと小型化の複雑さは、2020年から2027年の予測期間にわたる市場の成長を妨げます。ただし、マインドコントロールされたナノロボットの出現は、市場に有利な機会をもたらします。

世界のナノロボティクス市場の地域分析は、アジア太平洋地域、北アメリカ、ヨーロッパ、ラテンアメリカ、その他の地域などの主要地域で検討されています。北米は、公的および民間組織からの投資と支援の増加、およびこの地域での医療への多額の支出により、市場シェアの点で世界をリードする/重要な地域です。一方、アジア太平洋地域も2020年から2027年の予測期間にわたって最高の成長率/ CAGRを示すと予想されます。医療産業の進歩の増加などの要因は、アジア太平洋地域全体のナノロボティクス市場に有利な成長の見通しを作成します。

このレポートに含まれる主要な市場プレーヤーは次のとおりです。


ブルカー
JEOL
サーモフィッシャーサイエンティフィック
ギンコバイオワークス
オックスフォードインスツルメンツ
EVグループ
イミナテクノロジーズ
トロントナノインストルメンテーション
Klocke Nanotechnik
Kliendiek Nanotechnik


[画像2: https://prtimes.jp/i/67400/1666/resize/d67400-1666-508903-1.jpg ]

詳細については、sales@reportocean.comまでメールでお問い合わせください。
レポートはまた、日本の詳細な分析を提供します

この調査の目的は、近年のさまざまなセグメントと国の市場規模を定義し、今後8年間の値を予測することです。レポートは、調査に関与する各地域および国内の業界の定性的および定量的側面の両方を組み込むように設計されています。さらに、レポートはまた、市場の将来の成長を定義する駆動要因や課題などの重要な側面に関する詳細情報を提供します。さらに、レポートはまた、主要なプレーヤーの競争力のある風景と製品提供の詳細な分析とともに、利害関係者が投資するためのマイクロ市場で利用可能な機会を組み込むものとします。市場の詳細なセグメントとサブセグメントを以下に説明します。

タイプ別:


ナノマニピュレーター
電子顕微鏡
走査型プローブ顕微鏡
バイオナノボティクス
磁気ガイド
バクテリアベース


アプリケーション別:


ナノメディシン
生物医学
機械的


地域別:


北米
米国
カナダ
ヨーロッパ
イギリス
ドイツ
フランス
スペイン
イタリア

アジア太平洋地域
中国
インド
日本
オーストラリア
韓国
RoAPAC
ラテンアメリカ
ブラジル
メキシコ
世界のその他の地域


レポートの範囲を確認するためのリクエスト:https://reportocean.com/industry-verticals/sample-request?report_id=bw1619

私たちに関しては:

私たちは業界で最高の市場調査レポートプロバイダーです。 Report Oceanは、今日の競争の激しい環境で市場シェアを拡大するトップラインとボトムラインの目標を達成するために、クライアントに品質レポートを提供することを信じています。 Report Oceanは、革新的な市場調査レポートを探している個人、組織、業界向けの「ワンストップソリューション」です。

最近の企業リリース

トピックス

  1. こたつを撤去された猫 まさかの出来事に放心状態?

    だんだんと暖かい季節になってきて、こたつをしまったご家庭も多いのではないでしょうか。しかし、こたつで…
  2. NASAの小惑星探査機OSIRIS-REx 小惑星ベンヌから地球へ帰還開始

    NASAは2021年5月11日、小惑星探査機OSIRIS-RExが小惑星ベンヌを後にし、地球への帰還…
  3. 「どん兵衛」に濃厚ソース?「U.F.O.」に醤油つゆ?コラボ商品を実食

    日清は1976年に発売した「日清のどん兵衛」と「日清焼そばU.F.O.」の45周年を記念して、それぞ…

編集部おすすめ

  1. 今はスマホでメッセージを飛ばせば、すぐに本人と連絡がつく時代。告白も別れ話もメッセで済むようになりま…
  2. マッチョだけがモデルになることを許された“筋肉専門”のフリー素材サービス「マッスルプラス」に“マッチ…
  3. 兵庫県たつの市にある企業「イトメン」の看板商品「チャンポンめん」。もうすぐ販売60周年という歴史ある…
  4. 今はスマホで会う約束をしたり、直接会わなくても簡単に連絡がとれる時代。でもそれがなかった頃は、一体ど…
  5. バリアフリーという言葉が聞かれるようになりしばらくたちますが、まだまだ当事者ではないと気付かない部分…

新着記事

ページ上部へ戻る