おたくま経済新聞

ネットでの話題を中心に、商品レビューや独自コラム、取材記事など幅広く配信中!

最近の人気記事

「メイド・イン・フランス」にトリビュートされたエス・テー・デュポン新作「ミニジェット」 “ル・プチ・フレンチ”

update:
エス・テー・デュポン ジャポン株式会社


[画像1: https://prtimes.jp/i/50844/6/resize/d50844-6-641077-0.jpg ]



新作「ル・プチ・フレンチ」ミニジェット ライターをローンチしたエス・テー・デュポンは、ルーツに戻り、「メイド・イン・フランス」にフォーカス。

エス・テー・デュポンは1872年にフランスで設立され、それ以来全ての製品がフランスで製造されています。

新しいデザインや効率性を取り入れたコレクションアイテムは長めのトリガーでグリップの良さが改良され、人間工学に基づくデザインが特徴となっています。幅広くなったインレットは、プロテクショングリッドが施されており空気をスムーズに取り入れる事が出来、着火の効率を向上、そして調整可能で力強いブルートーチフレームはどんな状況でも火が付く様にデザインされています。

2021年4月にローンチ予定の「ミニジェット」は「メイド・イン・フランス」の品質を保ち、フランス国旗のトリコロールカラーに敬意を示した青いミニジェット、フランスのロゼットをあしらった白いミニジェット、そして赤いミニジェットの3型で構成されています。また、新しくスカルがデザインされているライターが仲間入りし、裏面にはしっかりとフランスのトリコロールカラーが施されています。

そして、2021年6月よりクラシックなシャイニーブラック、マットブラック、クローム、そしてガンメタルの4型が発売予定となっています。

「ル・プチ・フレンチ」 は喫煙者にとって最高なパートナーであり、モダンで人間工学を意識したデザインは日々のファッションアイテムの様に使用できます。小さく(5.5cm x 4.3cm)軽量(50グラム)のため、時計やペンの様に持ち運ぶ事が出来、オーナーと共にお出かけが可能です。

「ル・プチ・フレンチ」は男女兼用のデザインとなっており、新社会人にもおすすめのアイテムです。ソーシャルメディアを駆使し、野心的で流行に敏感な若者も無理なく購入できるプライスのラグジュアリーアイテムになっています。

ノウハウ、イノベーション、そして流行のデザインを融合する事により、エス・テー・デュポンはアイコニックなラグジュアリーライフスタイルブランドとして時代に沿ったブランドであり続けます。

[画像2: https://prtimes.jp/i/50844/6/resize/d50844-6-499215-1.jpg ]

ネイビーブルー&クローム
¥16,500-(税込み)
[画像3: https://prtimes.jp/i/50844/6/resize/d50844-6-155342-2.jpg ]

ロゼット、シャイニーホワイト&クローム
¥16,500-(税込み)

[画像4: https://prtimes.jp/i/50844/6/resize/d50844-6-128971-3.jpg ]

ブラッドレッド&クローム
¥16,500-(税込み)

[画像5: https://prtimes.jp/i/50844/6/resize/d50844-6-632713-4.jpg ]


スカル、シャイニーブラック&クローム (背面にフランス国旗)
¥16,500-(税込み)


「ル・プチ・フレンチ-バイ エス・テー・デュポン」は、フレンチスタイルを表現しています!


【About S.T.Dupont】
エス・テー・デュポンは、1872年創業のフランスのラグジュアリーメゾン。Art of fire(ライター&シガーアクセサリー), Art of writing(筆記具), Art of travel(レザー製品), そしてArt of seduction(メンズアクセサリー)の4つのアートを基幹に、創業以来、職人の技と革新性を融合した製品を生み出し続けています。メゾンに継承される職人技により何百もの工程を経て高品質な逸品を作り続けていることが評価され、2012年には伝統ある高度な技術を受け継ぐ企業に贈られる “Entreprises du Patrimoine Vivant(無形文化財企業)”の認定ラベルをフランス政府より授与。そして2018年にはメゾンの漆職人ヨアン・ビアール・クルタが、芸術文化勲章「シュバリエ」を受勲しました。
https://www.st-dupont.jp
★エス・テー・デュポン 銀座ブティック:東京都中央区銀座8-5-1 ☎03-3575-0460

最近の企業リリース

トピックス

  1. あっ!小銭が! わさび醤油の小物入れにヒヤヒヤ

    「リアルで楽しいフェイクフードで幸せを」をコンセプトに、樹脂粘土でちょっと懐かしい居酒屋めしのフェイ…
  2. 「まだ食べてないんじゃないかな?」 すっとぼけ顔でおかわりアピールする猫

    来月(2021年6月)で3歳になる茶白のクウちゃんと茶トラのカイちゃんはご飯が大好き。そのため「もっ…
  3. アメリカ海軍太平洋艦隊司令官にパパロ大将就任 日本経験もある元トップガン

    アメリカ海軍太平洋艦隊の司令官に、前アメリカ中央軍海軍司令官のサミュエル・J・パパロ大将が就任したこ…

編集部おすすめ

  1. 今はスマホで会う約束をしたり、直接会わなくても簡単に連絡がとれる時代。でもそれがなかった頃は、一体ど…
  2. バリアフリーという言葉が聞かれるようになりしばらくたちますが、まだまだ当事者ではないと気付かない部分…
  3. 「蝶のように舞い、蜂のように刺す」、そんな言葉が似合いそうな雰囲気でファイティングポーズを取っている…
  4. ファミコン世代の方であれば、子供の頃一度は憧れたであろうファミコンソフトのコンプリート。延べ1053…
  5. 5月に入り、新社会人の皆さんも徐々にビジネスマナーを学びとっていることでしょう。新型コロナウイルス禍…

新着記事

ページ上部へ戻る